パパ活のルールやマナーをわかりやすく解説します!

パパ活で重要な基本ルールや食事マナーなどを徹底解説!

記事を書いた人:青木風子

「パパ活」は、ルールやマナーを知っていないと成功しません

基本的には社会のルールやマナーと一緒ですが、パパ活初心者の方は不安なことも多いでしょう。
そこで今回の記事では、パパ活で超重要なルールや食事マナーなどを徹底解説します。

しっかりと予習して「パパ活」をより良いものにしましょう。

読みたい項目をクリック

パパ活の基本的なルールとマナー

知っておきたいパパ活の重要なルールとマナー

知っておきたいパパ活の基本的なルールとマナーを紹介します。

それぞれ詳しく解説していきます。

お互いを思いやることが大切なんだね?
管理人
その通り。相手のことを思いやることにより、お互いに気持ちよくデートができるわ。

お互いの個人情報は詮索しない

パパ活でメッセージのやり取りをしている時や初めて顔を合わせてデートをする時、相手がどんな人なのか気になりますよね。

「普段何をしているのか」「収入はどれくらいあるのか」「本当に信用できるのか」など不安はあるでしょう。
しかし、お互いパパ活をしていることを周りに知られたくない場合が多いです。

パパ側には家庭がある場合もあります。
デートで無理に個人情報を聞き出すのはマナー違反なのでやめましょう

パパ活を成功させるためにも、お互いのプライベートは守るようにしてください。

許可なしに写真や動画を撮らない

パパ活をしている証拠を残すのを嫌うパパはとても多いです。
万が一撮影して流出してしまった場合は、トラブルになる可能性が極めて高くなります。

どうしても写真や動画を撮りたい場合は、相手にしっかりと確認して許可をもらいましょう。

無断でSNSに投稿しない

SNSなどでデートの状況や待ち合わせ場所などがわかる投稿をするのはマナー違反なのでやめましょう。

料理やプレゼントなどの写真を投稿したい場合は、相手に確認してから「顔を映さない」「その日に投稿しない」などの配慮をしましょう。

また、相手の不満や悪口をSNSに載せる人も多いです。
SNSのアカウントは電話番号やメールアドレスなどがわからなくても、様々な情報をたどり見つけることが可能。

もし、相手に自分の不満や悪口を言われているとわかったら、メッセージやデートが楽しくなくなりパパ活は成功しません。

最悪の場合、誹謗中傷で処罰されることもあるので注意が必要です。

しつこく連絡しない

パパ活をする際は、アプリやサイト、LINEなどでデートや待ち合わせ場所の内容を決めるため連絡を取り合います。

連絡をする際は、お互いの都合のよい時間を確認しておくとトラブルを避けられます。
パパの場合、家族との時間や仕事が忙しかったりするので、連絡してはいけない時間を把握しておきましょう。

相手から連絡が来ないからといってしつこく電話したりメッセージを送ったりすることはNGです。

相手とうまく付き合いたいのであれば、しつこいと思われないようにしましょう。

男性は財布、女性は風俗嬢ではない

パパ活には決まったデートはなく、内容の希望やOKラインは人それぞれ違います。

  • 買い物までOK
  • 食事までOK
  • 手をつなぐまでOK
  • 添い寝までOK
  • 手や口でするのはOK
  • 本番OK

など、内容は異なります。

パパ側は女の子を風俗嬢として見てはいけません。
身体の関係を無理矢理せまったり、最初からそれ目的で接すると引かれてしまいます。

また、女性はパパを財布として見てはいけません。
お金の話ばかりをされると男性側は「自分には興味がないのか」と気を悪くしてしまいます。

素敵なデート時間を楽しむにためには、お互いへの敬意を忘れてはいけません。

適度な距離感を保つ

パパ活は基本的に、女性が男性をデートや食事で楽しませた報酬としてお小遣いをもらうのがルール。

男女とも割り切った関係を求める人が多いので、適切な距離感で接することがマナーです。

稀に恋愛関係に発展する場合もありますが、初対面や数回のデートでは距離を詰めすぎないようにしましょう。

パパ活中はお互いに集中する

パパ活中にスマホを触り続けることや、他の男性と連絡を取るのは控えましょう。
楽しい時間を過ごすためには、お互いの気配りが必要です。

女性は、デート中はパパの会話に集中して聞き役になることをオススメします。
仮に話がつまらないくデートが楽しくないと感じたときには、自分で話題を作る努力も必要です。

面白くない態度を取り続けると、お手当が貰えない場合や途中で帰られてしまう可能性もあります。

パパ活当日の身だしなみのルールとマナー

パパ活当日の身だしなみのルールとマナー

パパ活において身だしなみを整えることは重要なマナーです。

それぞれ解説していきます。

パパ活なのに身だしなみが大事なの?
管理人
あたまえよ。社会と一緒でパパ活でも第一印象はとても重要だわ。ポイントをおさえて恥ずかしくない格好をしなさい。

清潔な服装と身だしなみを意識する

相手に嫌悪感を与えないために清潔な服装と身だしなみを意識しましょう。
特に髪型には注意が必要です。

男性であればワックスなどを使いヘアセットをしてください。
長すぎる髪や髭は不潔だと思われる可能性があるので、短く整えておくのがマナーです。

女性は髪がバサつかないように、トリートメントなどを使用して清潔感を保ちましょう。
服はシワシワなまま着ず、アイロンがけをしっかりすることをオススメします。

また、靴などの汚れや傷にも注意してください。

相手の好みに合わせて服装を選択する

第一印象を良くしたいのであれば、相手好みに合わせて服装を選ぶことで好感度が上がります。
服装がタイプだと次回のデートの約束をしてもらえ可能性が高くなり、また女性はお手当が上がることも

服装には様々な系統があります。

  • カジュアル系
  • 可愛い系
  • コンサバ系
  • ボーイッシュ系
  • ストリート系

相手はどんな服装が好みなのか、事前のやり取りで確認しておくことをオススメします。
男性はスーツなどタイトな服装が多いですが、TPOを考えて服を選ぶことが大切です。

場面にふさわしい服を着る

パパ活では高級なレストランなどで食事をすることもあるので、場所や時間帯、場面にふさわしい服装を選ぶようにしてください。

ホテルやレストラン、料亭などでドレスコード(TPOに合わせた服装)は違います。

お店によっては雰囲気を大切にしているところもあり、ドレスコードの規定がある場合があります。
心配な方はお店に尋ねて確認をしましょう。

Tシャツや露出度の高いドレス・サンダルやスニーカー・帽子などはNGなので、食事デートの時は避けてください。

せっかく良いところで食事をするのですから、素敵な時間を過ごしたいですよね?
そのためには、ドレスコードの知識を身につける必要があります。

余計な荷物は持って行かない

初めての顔合わせのときに大きなバックやキャリーケースを持ってくる人がたまにいます

優しい方ならコインロッカーを一緒に探してくれ、荷物を預けられる場所に予定を変更してくれることもあります。

しかし、色々と調べてレストランの予約やデートの予定を立てていたのであれば内心はよく思いません

また、ドレスコードがある場合はスマートな格好が求められます。
荷物は最低限にして、小さなバッグで出席をしましょう。

どうしても荷物が多くなってしまう場合は、きれいめなサブバッグの利用をオススメします。

パパ活における食事場所のルールとマナー

パパ活における食事場所のルールとマナー

パパ活では食事デートをすることが多いです。
お店を選ぶ際には、下記のことに注意しましょう。

それぞれ解説していきます。

お互いの都合を考えて場所を選ぶ

お店を選ぶ際は、お互いの都合を考えて探しましょう。
職場や学校、自宅の近くはパパ活デートを目撃される可能性が高くなります。

身バレを防ぎたいのであれば生活圏内のお店は避けましょう
また、待ち合わせ場所に関しても、駅や改札など目立つ所ではなく、お店やカフェの中の利用をオススメします。

パパが既婚者の場合、人目が少ない場所を選ぶのがベストです。

よく利用している場所は選ばない

パパ活では、パパがお店の予約をすることがマナーになります。
その際、普段よく利用しているお店は選ばないようにしましょう。

使用頻度が高いお店だと店員さんが顔見知りのこともあるため、情報が流出してパパ活がバレてしまうこともあります。

プライベートな情報を守るためにも、行ったことのないお店を選択しましょう。

年齢差が気にならない場所にする

パパ活をしている年代は、男性だと40代以上の余裕のある方、女性は20代が多い傾向にあります。

そのため、年齢差が気にならないお店を選ぶことがベストです。
人目が気にならず、落ち着いた雰囲気のお店を予約しましょう。

夜の繁華街など、水商売の方が働いているお店の近くなら、同伴で利用していることが多いので年の差が気になりません。

また時間帯によってもお客の年齢層や混み具合は変わってくるので、その辺も考慮して事前にお店を探しておきましょう。

個室は避ける

初めてのデートでは、相手がどんな人かまだわからないため個室での食事は避けましょう

カラオケや車の中、相手の家など密室になる場所はトラブルになる可能性もあるので注意が必要です。

特に車はどこに連れて行かれるかわからず、危険なので「迎えに行こうか?」「帰りに送っていくよ」など言われても断るようにしてください。

お互い人目の付かない個室がいいのであれば、半個室や店員さんがすぐ呼べる場所などを選択しましょう。

万が一意図せず個室や密室で会うことになってしまった場合は、出入り口の近くに座り安全を確保しましょう。

高級レストランをねだらない

こうした行為は、女性が金銭目的で関係を続けていると思われてしまいます。

そのため、女性は節度を持ち、欲求を押し付けることなくパパとのコミュニケーションを大切にすることが求められます。
パパ活は信頼関係の上に成り立つものなので、お互いの気持ちを尊重し合うことが成功の鍵です。

パパ活で食事中のルールとマナー

パパ活で食事中のルールとマナー
食事中のマナーができていないと相手に幻滅されてしまう可能性があります。
食事をする際は、下記のことに気をつけましょう。

それぞれ解説していきます。

「いただきます」「ごちそうさまでした」を言い忘れない

いただきます」「ごちそうさま」は、食事をする前と後に必ず言わなくてはいけない礼儀です。

「いただきます」は、本来料理の材料となった自然の恵みに対する感謝の言葉。

また「ごちそうさま」は食事を作ってくれた料理人だけではなく、野菜やお米を育ててくれた農家さん、魚やお肉を獲る人など関わってくれたすべての人への感謝の気持が込められています。

これらの挨拶をできない人は品がなく育ちの悪い人なのだと思われてしまいます
日頃から食事ができることへの感謝の気持ちを大切にしましょう。

言い忘れることがないように、普段から言うように心掛けておいてください。

嫌いな食べ物があっても残さず食べる

食事で食べ物を残されると、パパやお店の人にとても失礼です。
どうしても食べられないものやアレルギーがある場合は、事前に相手へ伝えておきましょう。

食事デートの前には、パパの方から何か食べたいものある?と聞かれることが多いです。
その時に、苦手なものを伝えることでパパも合わせてくれるので、悪いとは思わずに伝えるようにしましょう。

綺麗な所作を心がける

いくら容姿が良いからといっても所作が美しくなければ台無しです。 
がさつな行動はなるべく避けましょう。

ただ、茶道や華道などしていない方は、どんなものが綺麗な所作かわからないですよね。

  • 指先を揃える
  • 両手を使う
  • 姿勢を正しく保つ
  • 脚を閉じて歩く、座る
  • 笑顔を忘れない

これは基本的な所作ですが、意識をすれば簡単にできることばかりなので、普段から気をつけて生活をしましょう。

最低限のテーブルマナーは予習しておく

最低限のテーブルマナーはしっかりと予習しておくことをオススメします。

お店の格式が高くなればなるほどマナーが重要視されるので、高級レストランなどに行く際は勉強が必要となります。

洋食での基本マナーは下のようになります。

洋食のマナー

  • 食事中に音を出さない
  • ナイフとフォークは内側から使用する
  • お皿は置いたままたべる
  • 食べ物は左側から食べる
  • 物は落としても拾わない

和食の基本マナーは以下の通りです。

和食のマナー

  • 茶碗や小鉢などは持って食べる
  • 右手でお箸の中央を持つ
  • おしぼりは手だけを拭く

テーブルマナーについて心配な方は、マナー本を1冊でもいいので購入することをオススメします。

自分の話ばかりしない

食事中は自分の自慢や愚痴ばかりを話していると、相手は退屈になってしまいます。
事前にさり気なく相手の趣味や好きなことを聞き出して、お互いが楽しくなる会話を心がけましょう。

また、聞き役になってこの人とまた話したいと思わせることも次のデートにつながるので重要です。

Instagramへの投稿には気を付ける

普段行かない高級レストランやホテルのディナーに行くと、写真や動画を撮影してSNSに投稿したくなる気持ちはわかります。

しかし、お店によってはSNSやInstagramへの写真の投稿を禁止しているところもあるので、必ずお店やパパに確認をしてからにしましょう。

無断で写真や動画の投稿をすることはルール違反です。
また、許可を得られた場合でも周りへの配慮を忘れずにしましょう。

奢られて当たり前とは思わない

パパ活では、基本的にパパがすべての支払をします。
ただ、奢ってもらうことは当たり前という気持ちではパパとの関係が続かなくなることもあるので、女性はお礼を言うようにしてください。

お互い気持ちのいいやり取りをすることで楽しい時間を過ごせますよ。

人として当たり前のルールやマナーはパパ活でも同じ

基本的なルールやマナーはパパ活も一緒

基本的なルールやマナーは、社会でもパパ活でも一緒です。

上記のことをおさえておけば、失礼にあたることはありません。
パパ活だからといってルールやマナーを怠らないようにしましょう。

いきなりのタメ口は避ける

年上の方にはもちろん、年下でも初めてお会いする方に敬語を使うのはマナーです。

女性の場合、パパは年上の方が多くなります。
初対面でタメ口を使ってしまうと「常識のない人なのかな?」と思われてしまうこともあるので気を付けてください。

敬語が苦手な方は「です」や「ます」だけでも使うと印象が違います。
間違った敬語を使っても、パパは「頑張っているんだな」と理解をしてくれますよ。

挨拶とお礼をしっかりする

デートをしてもらって当たり前、お手当をもらえて当たり前ではありません。
楽しい時間を過ごさせてもらったら、お手当をいただいたら「ありがとう」とお礼を言うのが常識です。

また、急用で予定を変更したい場合、待ち合わせ時間に遅れてしまう場合は「ごめんなさい」「すみません」などと謝罪することを忘れてはいけません。

「こんにちは」「さようなら」などの挨拶も明るく笑顔ですると、相手は好印象をあたえます。

稀に横暴な態度で接してくる人もいますが、こちらは大人の対応をとりましょう。
あまりに態度が酷いようであればブロックしてしまえば大丈夫です。

パパ活アプリや出会系サービスを利用しているのであれば、運営に報告して対処をしてもらいましょう。

時間を厳守する

遅刻は相手に与える印象が悪いです。
待ち合わせ場所へは遅くとも5分前に着くようにしてください。

急な出来事や電車の遅延などでやむを得ない理由があり遅刻してしまう場合は、わかった時点で相手に謝りの連絡を入れましょう。

お互い忙しいこともあるので、相手が遅刻しても責めるようなことをしてはいけません

怒りすぎず優しく接するように心がけましょう。

ドタキャンはNG

相手にドタキャンをされたという報告をいくつか目にします。
ドタキャンをしてしまう内容としては下記のものが多いです。

  • 寝坊してしまった
  • 約束を忘れていた
  • 体調不良になった
  • 急な仕事が入った
  • 家族やペットの病気

などが理由に挙げられます。

しかし、ドタキャンは相手の時間やお金を無駄にしてしまう行為なので絶対にダメです。

どうしても待ち合わせ場所に行けない場合は、必ず連絡してしっかりと謝り、予定や時間を変更してもらいましょう。

ドタキャンは迷惑行為なので、運営に通報されて今後パパ活をすることが難しくなることもあります。

約束は守る

デートの内容やお手当を渡すタイミングなどの約束はきちんと守るようにしましょう。

相手との信頼性を深めることにより、パパ活はより素敵なものになります。

社会でも同じですが、約束を守らない人は信用できませんよね。
責任感のない人」「自分さえ良ければいい人」と思われてしまいます。

今後相手との関係性を深めていきたいのであれば、交わした約束は守って真面目で誠実な印象を相手に与えましょう。

パパ活のルールやマナーを守って素敵な時間を過ごそう

パパ活はルールやマナーを守って素敵な時間を過ごそう
今回は、パパ活で超重要な基本ルールやマナーについて詳しく解説していきました。
意外と知らない・守れていないルールやマナーがあったのではないでしょうか?

お互いに楽しい時間過ごすためには、相手や周りのことを考えて行動することが大切です。
思いやりを持つことにより、お手当のアップや次のデートに繋がりやすくなるので今回の記事が役に立てばうれしいです。

inserted by FC2 system