パパ活アプリは30代男性でも可能?モテるためのポイントを紹介します

パパ活は30代男性でも可能?モテるためのポイントを紹介します

最近、30代からパパ活を始めて大成功する男性が確実に増えてきています
しかし、いまだにパパ活は管理職以上のお金に余裕のある立場の男性だけに許される特権だと考えてしまっている30代男性も多いはずです。

確かにパパ活において資金力や社会的な信用力がパパ活女子からの大きな評価軸になることも間違いありません。
そのため30代男性がパパ活を成功させたいなら、30代ならではの強みを理解して積極的に武器として使っていく意識が求められます。

記事を書いた人:青木風子

そこでこの記事では、パパ活でモテてみたい30代男性のために、その秘訣を具体例を交えながら紹介しています!
30代からのパパ活に興味のある男性はぜひ参考にしてみてください。

読みたい項目をクリック

若い世代のパパ急増!30代男性の挑戦

パパ活を楽しむ30代男性の実態とは?

マッチングサービスや女性誌の調査によると、パパ活をする男性の大部分は40代以上となっています。
しかし近年、パパ活をする男性の年齢層が低くなっており、30代男性も増えているというデータがあります。

つまり、30代前半からパパ活を始めても決して早すぎることはなく、むしろ魅力的な選択肢となり得るでしょう。
実際、パパ活をする女性たちの意識も変わってきており、以前ほど若いパパが敬遠されることは少なくなっています。

では最近の、30代男性の行動を見ていきます。

「パパ」は40代から60代が多い理由

充実したパパ活を楽しむには当然それなりの資金力が必要です。
また、デートのスケジュール調整も必須となるため、自由な時間を確保できることも重要なポイントです。

これらの条件を考えると、仕事に打ち込むことが多い30代では難しいこともあるでしょう。

パパ活を楽しむ余裕が生まれてくるのは、ある程度出世し管理職になるなど、一定の自由時間を確保できる立場にあることが重要です。
そしてさらに重要なのが、経済的に余裕がある人になります。

そうなると、40代から60代が最もパパ活に適していると言えます。
実際、パパ活をしている男性のデータを見ても、ボリュームゾーンは40代が中心となっています。

パパ活女子の視点から見ると、40代~50代の男性が適度に落ち着いていて安心感があるため、パパとしての人気が高いです。

でも最近は、20代~30代からパパ活を始める男性が着実に増えてきています。
その理由の一つに、若い世代ほど正社員ではなく派遣やフリーランスとして働く男性が多いことが挙げられます。

一般的に非正規の働き方は不安定であることは確かですが、パパ活に回す資金と時間を用意しやすい点では有利な面もあるのです。

他にも30代男性にとって、パパ活には娯楽以上のメリットが多数あることも見逃せないポイントです。

次の章では30代男性のメリットを詳しく説明してきます。

30代男性がパパ活をするメリットとは?

30代男性が積極的にパパ活をするメリットとは?

30代ならパパ活なんてしていないで、普通に恋愛をした方がいいという意見もあります。
確かに結婚を前提とした人生計画を練るなら、30代でパパ活をしている暇はないという考え方には一理あります。

しかしパパ活には、男性にとっての喜びと、貴重な体験ができます。

家庭に仕事に、ある程度固まった立場を築いてしまった40代以降では、パパ活には相応のリスクがあります。
フリーの30代ならば、低リスクで「社会勉強」することが可能です。

では30代男性ならではの、パパ活のメリットについて紹介していきます。

30代男性の方がパパ活女子にモテやすい

若い女の子が父親世代のオジサンと付き合ってお小遣いをもらう」というのが今までのパパ活の定番イメージでした。

しかし最近はパパ活自体の多様化が進み、必ずしもパパと娘のような年齢差」の構図が当てはまらないパパ活も増えてきています

たとえば、人妻や熟女が行うパパ活では、父親というよりも弟や息子のような年下の相手を求める傾向が強くなります。

また若いパパ活女子の間でも、極端な年上男性よりも年齢差の小さい相手の方がコミュニケーションを取りやすくて楽だ、という認識が広まってきています。

そうした時代の流れによって、今は30代男性がモテやすい環境になっているのです。

風俗よりもコスパが良い

パパ活で男性側が支払う「お手当」の相場は、相手の年齢やデートの具体的な内容によって変わります。
通常の食事デートであれば5千円~1万5千円程度で収まることが多く、これはキャバクラなど飲食を伴う風俗店の平均的な支出額よりもグッと低い数字です。

パパ活では女性に支払う「お手当」以外にも、「食事代」や「交通費」を負担することがありますが、それでも夜のお店に通うよりも安上がりになります。

大人ありのデートになるとお手当は上がりますが、平均して3万円~5万円ほどで楽しむことができます。

これはソープランドの「大衆店」クラスの料金に相当します。
でもパパ活の相手は「素人女性」であるため、ソープランドと料金を単純に比較することはできません。

やはりプロより「本物の素人」と遊ぶ方がより楽しいはず。

ソープで10万円を超える「高級店クラスの素人女性」と、大衆店料金で遊べるパパ活素人女子では、後者の方に人気が集まります。
しかもお店ではないので、うるさい縛りや怖い人に注意される心配もありません。

コスパ面ではパパ活に軍配が上がります。

仕事と私生活を両立する「都合のいい」交際ができる

30代という時期は、男性にとって仕事と恋愛の両面でもっとも重要な時期といえます。
しかし、仕事と恋愛の両立に追われて適度な息抜きができず、プレッシャーに潰されてしまうケースが多いことも現実です。

昭和~平成初期なら、本命とは別の「愛人との火遊び」で息抜きをすることもありました。
スマホが発達した現代ではすぐ噂になるため、仕事やプライベートで繋がりのある相手との「関係」はリスクが高すぎます。

しかし、パパ活ならお互いの個人情報を明かすことなく、理想的な男女関係を築くことができます。
本命の女性とは別の、アプリ内でマッチングした素性の知らない者同士で楽しく過ごせます。
これは男の人生における最上の贅沢ですね。

たとえ倫理的に問題があるように見えても、それが結果的に仕事や恋愛を上手く進める原動力になるならば、取り入れるメリットは大きいと言えるでしょう。

30代男性がパパ活をするときの注意やリスク

30代男性がパパ活をするときに注意したいリスク

パパ活にはやりデメリットもあります。

パパ活のデメリット、リスクを確認して、その対処法を用意しておくことようにしてください。

会社や身内にバレるリスクと対策

自分の個人情報を隠したまま交際できるのは、パパ活のメリットですが、身バレをゼロにすることは難しいです。

相手が未成年でない限り、パパ活はあくまで自由恋愛の範囲なので、発覚しただけでは逮捕というペナルティを受けることはありません。
しかし、一般的にはお金を渡して女性と交際することは、倫理的に問題になります。

特に家庭を持っている男性の場合、妻だけでなく親族や友人からの信頼を失い、深刻な事態に陥ることは容易に想像できます。

会社にとってもパパ活を行う社員はリスク要因と見なされるため、解雇まではいかなくとも、出世コースから外される可能性が高いでしょう。
2024年、パパ活がバレて「記憶にございます」で議員を辞職した政治家が話題になりました。

このようなリスクを避けるためには、パパ活を行う際の行動には十分注意し、慎重に対応することが重要です。

誰かにしゃべらないのはもちろん、SNSでパパ活のことを発言するのもやめましょう。
検索力高いネット民に、思わぬ投稿から身バレされることもありますので。

交際する相手は信頼できる人か、慎重に行動することで、パパ活を安全に楽しんでください。

相手を本気にさせてしまうケースが他の年代よりも多い

30代男性のパパ活に特有のリスク要因として、相手を本気にさせてしまうケースが多いことが挙げられます。
パパ活女子からすると30代でパパ活をしている男性は「いつも優しくて・自由に使えるお金を持っていて・特定のパートナーがいないように見える」いわゆる優良物件に当たります。

もちろん実際にはパパ活を円滑に進めるために本命彼女の存在を隠しながら優しい態度を取っているだけの男性が大半なわけですが、結婚願望を秘めながらパパ活をしている女性にはそれが理想の相手のように見えてしまうこともあるわけです。

極端に年齢が離れた男女間ならこうした勘違いは起こりにくくなりますが、30代男性は20代~40代まで幅広い年齢層の女性に対して結婚を意識させる対象となり得ます。

そのため30男性のパパ活では相手との距離感について、より慎重なコントロールが求められるでしょう。

性病に感染してしまう恐れがある

ホテルありのパパ活をする際に徹底する必要があるのが性病対策です。
大抵のパパ活女子は1人のパパだけを相手にしているわけではなく、複数のパパを掛け持ちしています。

性病対策が不十分だとあっという間に感染が広がることになり、場合によっては日常生活に支障をきたすレベルの被害を受けることもあると強く認識しておくべきでしょう。

パパ活女子本人に性病対策についての質問をしても正確な答えが返ってくる保証はないので、基本的に対策はすべて自己責任で行うことになります。

コンドームの使用は大前提として、プレイ前のシャワーや消毒液による口内洗浄なども男性側が率先して行うことが大切です。
そして定期的に検査を受け、もし感染していた場合は正規の医療を早期に受けるようにしてください。

詐欺や脅迫などの犯罪被害に遭うことも

パパ活と切っても切れない関係にあるのが「美人局」や「脅迫」といった犯罪行為です。
美人局とは一般的には男女のカップルが共謀して行う詐欺ですが、最近はパパ活をする男性をターゲットに組織的に実行されるケースも増えています。

また直接的に金銭を要求されなくても、いわゆる「業者」の女性からマルチ商法や新興宗教の勧誘を受けるケースもパパ活では少なくありません

最初の顔合わせの時点でこうした犯罪や迷惑行為の気配を少しでも感じたら、出会いの機会を惜しまずにさっさと逃げてしまうことをおすすめします。

ただし場合によっては順調に進んでいたはずのパパ活がトラブルに発展してしまうこともあります。
たとえば別れ話で揉めた結果、女性からパパ活の事実を世間にバラすと脅迫されるケースなどは常に警戒しておくべきでしょう。

パパ活にハマリすぎると普通の恋愛ができなくなる

お金を介することで面倒なコミュニケーションを飛ばして男女の交際を成立させてくれるパパ活は、なるべく対人関係にコミュニケーションコストを支払いたくないと考える男性にとっては一種の理想ともいえるシステムです。

しかしそのシステムに慣れきってしまうと本来の恋愛に必要な能力を失ってしまい、二度と普通の恋愛ができなくなる恐れもあります。
30代のうちはそれでも構わないと強気に出ていても、やがて40代や50代になったときに「30代の頃にパパ活にハマっていなければ」と強く後悔する可能性は非常に高いと考えておいた方が賢明です。

そのため、30代でのパパ活は恋愛や婚活から逃げるためではなく、むしろ本気を出すときに備えた女性慣れの訓練というくらいに思っておくのがいいでしょう。

30代男性がパパ活でモテるための秘訣とは?

30代男性がパパ活でモテるための秘訣とは?
ここからは30代男性がパパ活でモテるためのテクニックについて解説していきます。
基本的には「女性を不快にさせない行動」を意識するだけで大抵の30代男性はパパ活でモテます

30代という比較的若い男性がデートに求められる最低限のマナーを守った行動を取ればそれだけで女性評価はきわめて高くなると思っていいでしょう。

お手当の値切り交渉をしない

40代以上の男性がパパ活女子相手にお手当の値切り交渉をするのは、誰の目から見ても「みっともない」行為であることが明白です。
しかし30代の男性はこの辺りの感覚が曖昧で、意外と気軽にお手当の値切り交渉をしてしまい相手に嫌がられることがあります。

また30代だと女性側とそれほど年齢差がないことから、どうしてもパパ活女子に対して「対等な関係」という感覚が出てきてしまい、相手も楽しんでいるのに男だけが一方的にお金を払うのはおかしいといった考えが生まれてしまうことも珍しくありません。

こうした感覚を実際に態度に出してお手当の未払いや値切りを始めると、女性側からは完全に地雷客として扱われることになります。
パパ活はあくまでお金を媒介にした契約であり、どこまでいっても対等な関係になることはないという認識は正しく持ち続けるようにしましょう。

30代という年齢感の強みと弱みを理解する

30代男性のパパ活にあるメリットとデメリットは表裏一体の関係にあります。
たとえば「相手を本気にさせてしまうリスク」についてはモテるメリットと交際トラブルを引き落とすデメリットが同時に存在していると見ることができるでしょう。

こうした30代という年齢感の強みと弱みを自分でしっかりと理解して、相手や状況によって武器を使い分けていくのが真の成功を得るためには重要になります。

相手を探す段階では若さを魅力としてアピールしておき、プレゼントを渡す際などには「まだ収入が少なくて」と逆に若さを免罪符にして経費を削減するといった戦術はかなり有効です。

ただし30代という属性に頼りすぎていると年々魅力が下がっていくだけになるので、経験を積みながら上手く自分自身の魅力を鍛えていくようにしましょう。

スケジュールやデート場所は相手の希望を優先する

これはパパ活に限らず男女のデートにおいて鉄則の1つですが、スケジュール調整やデート場所のセッティングは可能な限り女性側の意見を優先させましょう。

女性は男性と比べてデート前の準備に相応の時間とお金がかかります。
また特にパパ活女子の場合は身バレを防ぐためのアリバイ工作を行っておく必要もあるので、男性側が思っている以上にデートをするまでには手間がかかるのが実情です。

そのため男性側の都合による急なスケジュール変更やデートプランの決め打ちは非常に嫌がられる行為であると理解しておくようにしましょう。
どうしてもこちらの事情に合わせて欲しい場合は、デート時間を短くしたり身バレの危険が低い密会に適した場所で落ち合うようにする工夫が求められます。

相手のプライベートを詮索しない

身バレ対策はパパ活女子にとってまさに死活問題といえます。
それを踏まえると、当然ながらパパ活女子のプライベートを詮索するような質問は極度のマナー違反に当たると思っておいてください。

どの程度の情報まで聞き出していいのかわからないこともあるかと思いますが、基本的に「家庭」と「職場」に関する質問は完全NG
たとえば出身地を聞いたり、親兄弟の話を振るのも相手の複雑な家庭事情といった予想外の地雷を踏む可能性があります。

職場については職種を尋ねるだけでも場合によっては身バレに繋がる恐れが出てくるので、完全に触れないでおく方が安全です。
しかしあまり話題を縛ってしまうと会話自体ができなくなってしまうので、可能なら最初の顔合わせ段階で「触れて欲しくない話題は何なのか」についても確認しておくと以降のデートがスムーズになります。

結局は「清潔感」が何よりも大事

デートにおいて男性を困惑させることの多い「清潔感」という言葉ですが、たとえパパ活であってもやはりモテるためにはそこを避けて通ることはできません。

女性が男性に求める清潔感には大きく、物理的なものイメージ的なものの2種類があります。

物理的な清潔感を生み出すのは、悪臭対策や服装を整えるといった基本的なファッションへの配慮になります。
最低限「高いお金をもらってもこの人の横は歩きたくない」と相手に思わせないことを基準に身だしなみを整えていくようにしましょう。

非接客業や出社機会の少ない仕事をしている30代男性だと、お風呂に入っていても服に悪臭が残っていることが多いので、安物でもいいので服は新調しておくのがおすすめです。

対してイメージ的な清潔感とは「誠実さ」や「信頼感」といった言葉に置き換えることができる感覚になります。
パパ活においては「お手当をきちんと支払ってくれそう」「暴力を振るったり怒鳴ったりしなさそう」といったデート中の安全性に関する要素になるので、他がどんなに優れていてもイメージ的な清潔感を失うと女性はすぐに離れていくと思っておきましょう。

パパ活の方法で30代男性に向いているのは?

パパ活の方法で30代男性に向いているのは?

何を持って「パパ活の成功」とするかは個人差がありますが、理想的な女性と継続してデートできる環境を獲得することができればひとまずは成功と判断していいでしょう。

そのためには、まず候補となるパパ活女子達となるべく効率的に何度も出会い、スムーズに交渉をまとめていく必要があります。
しかし30代男性が仕事や私生活を圧迫するようなパパ活方法を選んでしまうと本末転倒な事態にもなってしまいます。

別の年代では最適な方法が30代とは噛み合わないといったことも起こるので、最初はどんなパパ活方法があるのかを網羅的に調べてその中から自分に合ったものを選んでいくようにしましょう。

ナンパや立ちんぼ狙いは30代男性には不向き

街中でパパ活女子と知り合う方法としてはナンパや立ちんぼへの声掛けがあります。
有名なナンパスポットや立ちんぼがよく出没するエリアなら見知らぬ女性がいきなりパパ活交渉に応じてくれる可能性も高いので、余裕があるなら狙い目ではあるといえるでしょう。

ただし30代男性は夜の街では若すぎて女性からすると頼りなく感じられます。
実際にお金を持っていたとしてもこうしたスポットで財布を開いて大量の現金を見せるのは非常に危険なので、結局は見た目の印象で勝負するしかないのが街中でのパパ活の問題点です。

そのため自分の見た目に30代離れした貫禄があると自信を持っている男性以外は、街中でのパパ活女子探しはやめておいた方がいいでしょう。

お酒に強いなら相席居酒屋やギャラ飲みアプリ

たまたま居合わせた男女で同席して一緒にお酒を飲む相席居酒屋は、マッチングアプリのリアル版ともいえる便利な場所となっています。
意気投合できればそのままホテルに直行できる可能性も持っているため、スピード感という点では大きなメリットがあるといえるでしょう。

ただし、相席居酒屋はタイミングによってはまったく出会えないことがあるだけでなく、一緒にお酒を飲みながら口説く過程が存在するのがシステム上の壁となります。

相席居酒屋はお酒の強さとトークスキルを持ち合わせている男性にとっては成果の出しやすいパパ活方法ですが、それ以外の男性にとっての恩恵は限定的です。

同じように飲み会に女性を呼ぶことができるギャラ飲みアプリも、お酒とトークに自信を持っているなら有力なパパ活女子探しの手段となります。
しかしギャラ飲みアプリは相席居酒屋とは違い確実に女性を呼ぶことはできるので、出会いの効率を重視するなら十分に選択肢となるでしょう。

マッチングアプリは使い分けが重要

パパ活といえばマッチングアプリの利用を連想する男性は多いはず。
しかしマッチングアプリといっても世の中には途方もない種類があり、そのうちパパ活に向いているアプリはごく一部となっています。

利用人数が多いからといって有名な婚活アプリや友達探しアプリでパパ活相手を募集してしまうと、規約違反によって即座にアカウントを剥奪されてしまうことも。

またパパ活が可能な一部の大人向けアプリは、業者アカウントや「キャッシュバッカー」と呼ばれる報酬狙いの女性に占領されていることも珍しくありません。

マッチングアプリを通じてパパ活を行うには、まずは今まさにパパ活女子の間で流行っているアプリを見つけ出すテクニックが必要となります。

具体的には「パパ活女子の立場で」情報を調べてみて、これからパパ活をしようとしている女性がどんなマッチングアプリに登録しやすいのかを把握するようにしましょう。

収入に余裕がある30代なら交際クラブも使える

完全会員制で男女のマッチングを提供するサービスを交際クラブデートクラブと呼びます。
男性会員には一定以上の年収と社会的信用度の高い履歴を要求してくるため、30代の男性では実際に登録できる人はかなり限られることになるでしょう。

しかし一旦交際クラブに登録してしまえば、あとは黙っていても「太パパ」狙いのハイレベル女性達から引っ切りなしにデートの誘いが届くようになります。

タレントやモデルなど身バレを特に警戒する女性からも交際クラブの秘密主義なシステムは信用されているため、通常のパパ活では絶対に出会えないタイプの女性とパパ活できる可能性を秘めているのも交際クラブの魅力です。

もちろんレベルの高いパパ活女子を相手にするとなるとお手当も相場を遥かに飛び越えて高額になるので、交際クラブでのパパ活には安定した資金力が何よりも重要となります。

30代男性がパパ活を成功させるまでの具体的な流れを紹介

30代男性がパパ活を成功させるまでの具体的な流れを紹介

最後に30代男性がパパ活を成功に導くまでの具体的なプロセスについておさらいしておきましょう。
パパ活という言葉が広まってからもう随分と経ちますが、そのおかげでどんな方法で出会ったとしてもパパ活交渉の仕組み自体はほぼ統一されています。

STEP1
出会った相手とお互いにパパ活の意思確認をする
STEP2
「顔合わせ」という形式でランチなどの軽いデートをする
STEP3
顔合わせ段階でお手当の金額や連絡方法などを決める
STEP4
その後は契約内容に応じてデートをする

各段階で注意しておくべきポイントがあるので、30代ならではの問題も意識しながら着実に手順をこなしていくようにしましょう。

自分にマッチする形のパパ活スタイルを決める

同じ30代であっても収入や生活環境にはそれぞれ大きな違いがあります。
パパ活をするならまずは自分のスタイルに合った方法を決めることが、無駄を省くためにも大切になってくるでしょう。

たとえばお酒に弱く収入が不安定なのに毎日のように相席居酒屋に通っていたら、すぐに破滅してしまいます。
逆に平均的な30代男性を大きく上回る資産を持っているのに、一般人に混じってマッチングアプリで地味に相手探しをするのも不毛といえます。

パパ活の方法は他人を参考にするよりも、まずは自分自身の条件に当てはまるものを優先して試していくのがおすすめです。
たとえば普通のサラリーマンなら、スキマ時間をマッチングアプリに当てながら細く長く相手探しをする方法が向いている可能性が高いでしょう。

一方で時間に融通の利く自営業やフリーランスならナンパやギャラ飲みで短期決戦を挑む方が効率的になることもあります。

実際にパパ活女子にアプローチする

大抵の方法ではパパ活女子と知り合えたとしても、実際に交渉をまとめるには相手からの信用を得る必要があります。
30代男性の場合、パパとしては比較的若い事実がそれだけでバイアスとなって影響してくることを忘れないようにしましょう。

パパにも若さやルックスを求める女性もいれば、お金持ちであることを何よりも優先する女性もいます。
アプローチを仕掛ける際には、相手によって30代男性という要素がどんな方向に受け止められるのかを慎重に見極めていく必要があるでしょう。

年齢や収入については急に変えられるものではないので、相手が求めているパパ像と自分がかけ離れていると感じたら早急に交渉を打ち切って次の相手を探したほうが効率良く出会えますよ。

相手のタイプに合わせて予算とスケジュールを計算する

パパ活の予算とスケジュールは自分が出せる範囲内で、相手のタイプに合わせて計算しておくことが必要です。
たとえば、相手が看護師ならデートのスケジュールは相当流動的になることを覚悟しておくべきでしょう。

夜の仕事をしている相手だとデート時間は朝方や昼すぎなど特定の時間に限定されることになります。
また平日にしか会えない相手ならスケジュール調整は難しくなる一方で、ホテル代などを含めた総合的な費用は浮かせられる可能性が出てきます。

このようにパパ活の予算に関する計画は一般的な相場などを参考にするだけでは計算しきれないので、あくまで相手に合わせて柔軟に動けるように意識しておいてください。

顔合わせを行って具体的なパパ活交渉を済ませる

最初の顔合わせはパパ活の成否を決定するもっとも重要な機会となります。
この段階でお手当の具体的な金額やデートの頻度、さらには相手がパパ活に求めている要素などを聞き出すことができれば以降のパパ活デートで迷うことはなくなるでしょう。

慣れていないと顔合わせの時点で遠慮してしまい具体的な交渉を疎かにしてしまうこともありますが、それは女性側にとっても迷惑な話でしかありません。

パパ活女子にとってパパ活はあくまでもビジネスなので、具体的な内容を最初の打ち合わせで詰めておくことは必須事項です。
逆にここでテキパキと交渉を進める姿を見せておけば、軽く見られがちな30代という年代の男性であっても頼れるパパという印象を植えつけることができますよ。

関係を長続きさせたい相手にはマメな対応を心がける

単発の関係で終わらせたくない女性に出会った場合は、長期契約を結ぶための交渉をしておく必要もあります。
最初の段階で月極契約などを行っていたなら問題ありませんが、単発の予定を長期に切り替えたいなら相手からの心証を上げる努力は欠かさないようにしましょう。

連絡にはマメに対応して、お手当以外のプレゼントなども適度に渡していくのが有効になります。
ただし、あまり露骨に関係を長引かせたい態度を見せると足元を見られてしまったり相手に無用な警戒感を抱かせることにも。

そのため基本的には「良好な関係を今後も続けていきたい」といったニュアンスに留めて伝えていくようにしましょう。

30代男性ならパパ活でモテるのは難しくない

30代男性ならパパ活でモテるのは難しくない
30代でのパパ活には資金面やスケジュールの確保など困難な要素が多いことは事実です。
しかしパパ活女子の立場からすると30代のパパにしかない魅力も多数あることから、その魅力を自分自身でしっかり把握してアピールすることで確実にモテることが可能になります。

今回の記事のポイント

  • 30代男性はパパとしては若いため信用は低く見られる
  • 結婚や恋愛願望の強いパパ活女子は30代パパに入れ込みやすい
  • 30代だからといって雑な対応が許されるわけではない

少なくとも上記の3点を押さえておくことで30代男性のパパ活は成功率を大きく上げることができるでしょう。
信用については完全に資金力や職業に依存する問題なので、十分なステータスを持ち合わせていない場合はせめて「嘘をつかない」ことで信用度を上げる戦略を採りましょう。

また30代男性にはパパ活が上手く進みすぎると逆にトラブルを引き起こしやすいというジレンマが存在します。
これを避けるには特定の相手を作らずに単発でのパパ活に徹するのもおすすめです。

最後に、30代男性は20代や40代以降と比べると女性に対する態度が雑になりやすい傾向があります。
パパ活は風俗とは異なりお金を支払ったからといって男性側が一方的なサービスを受けられるものではありません。

お互いの努力と配慮があって始めてパパ活は充実するということを忘れずに、常に丁寧な対応を心掛けるようにしてください。

inserted by FC2 system