ママ活でモテたいならこの4つを実践しよう!モテるためにできることを徹底解説

ママ活でのモテ4選!モテるためにできることを徹底解説

記事を書いた人:西尾湊太

最近認知が広がってきているママ活で、副業として稼いでいる男性がいます。

ですが、誰でも稼げるわけではなく、ママ活でモテている男性にはある特徴がいくつかあります。

今回は、ママ活をする女性や彼女たちに嫌われる男性の特徴・モテている男性の特徴を徹底解説します。

これからママ活を成功させたい人は、ぜひ参考にしてください。

ママ活でママにモテるための方法4選!

ママ活モテ方法4選!

自分磨きの努力をすることで魅力が増し、ママにもモテる可能性が高くなります。
一般的に男性が女性にモテるポイントも含めてモテる方法を5つ紹介しますので、ママを満足させるために活用してください。

ちなみに、約3か月の短期的な関係を望む場合は外見的魅力を求め、長期的関係は内面的要素を重視するという研究結果もあります。

ママとどれくらいの期間で関係を築きたいのか、を念頭に置いて自分磨きをスタートするのがおすすめです。

モテるための方法①会話

ママ活会話
ママとの会話をどのように工夫するかはとても重要です。
ママに限らず友人や恋人選びでも、この人と話してて楽しくない、無駄な時間だったなどと感じる経験があると思いますが、そうなると結果的にお手当をもらえないことになります。

具体的な工夫の提案をしますので、ぜひ取り入れてみてください。

会話のコツ①聞き手に徹する

モテない要素で紹介しましたが、自分の話ばかりでママの話を聞かないのはとても自分勝手でママが気分を悪くします。
話を聞いてもらうのは友人や家族などにして、ママといる間は聞き役になりましょう。

なお、適当に話を聞くだけではなく、相手の目を見ながら話していることをよく理解して会話すると、この人は話をよく聞いてくれる優しい性格なのだと認識してくれるのでおすすめです。

会話のコツ②ポジティブな言動

ポジティブな言動を心がけると、マイナスな面が薄れるため、ママに礼儀正しく魅力的に映るポイントになります。
ママがしてくれることに必ずお礼を言う・笑顔で喜ぶなどをすることで好印象を持たれます。
恋人や友人にも使えますので、ぜひ試してみてください。

会話のコツ③具体的に褒める

ただ闇雲に褒めるのではなく、ママのいいところを具体的に褒めるとモテます。
例えば、「話していて感じましたが、初対面なのに気さくでとても明るい方ですね」「日ごろから家事を頑張っているのに、手がきれいですね」など、単純に「手がきれいですね」では済まさないことがポイントです。

褒め上手になることはママだけではなく、ほかの人との会話も弾ませることができるスキルなので、身につけて損がなくおすすめです。

会話のコツ④相槌をしっかりする

ママが話していることに相槌を打てると好印象です。
ただし、こちらもただ単純にたくさん相槌するのではなく、ママが抱える悩みや相談に親身になって答えたり、共感しましょう。

加えて時には厳しいことも言うことで、ママが話す内容に真剣に向き合っていることが伝わります。

会話のコツ⑤自分の夢や目標を伝える

時折ママから聞かれて自分のことを話す際は、なぜママ活をしてお金が必要なのか伝えることはとても重要です。
これはアイドルを応援する原理と同じで、なにかまっすぐに一生懸命な姿はとても輝いて見え、自然と応援したくなります。
ただし、あまり必死すぎると圧迫感を感じるので、あくまでも自然体で伝えるのがポイントです。
より現実的に夢を叶えようとしている人の言動は、誰にでも伝わるのでママにも応用しましょう。

モテるための方法②ルックス

ママ活ルックス
外見からの印象の割合はとても多いので、ここを工夫することでママからの印象をよくすることができます。
実際にメラビアンの法則によると、会った3〜5秒の間にその人の印象を9割ほど決めてしまいます。

あらゆる角度から見た目を改善していきましょう。

良い印象を与えるコツ①髪は清潔感を持たせる

自分に合った髪型をしていないと、違和感のある印象を与えます。
また、フケやボサボサの髪型をしていると、不潔に感じるのでケアが必要です。
どの髪型が合うのかわからない場合は、①ツーブロックかショートを選ぶ②カタログを参考にする③技術のある美容師さんに依頼する、のどれかで対処しましょう。

なお、髪色は明るすぎない、カラフルでもない清潔感のある黒か茶色がよいです。

良い印象を与えるコツ②肌の手入れも行う

肌がきれいに保たれていると、若くて健康的な印象を与えるのでモテます。
また、ある実験結果によると、肌がきれいな起業家は肌の汚い起業家に比べ能力が高いと思われる傾向にあり、投資家からより多くの出資を集めることができでいます。

日ごろから肌のくすみ・毛穴・ニキビなどの汚れをなくすために、正しい洗顔や栄養の取れた食事・運動などを心がけましょう。

良い印象を与えるコツ③健康的な体作りを意識する

健康的な体つきや顔つきをしていると、血の巡りで血色がよく見え安心感を持たれるため、女性からモテる要素になるポイントです。
体を鍛えることのメリットはメンタルが強化され、心の余裕が生まれることです。

だらしない体型をやめ、参考になるモデルのマネをしながら、髭や眉毛を整えて体を鍛えましょう。

良い印象を与えるコツ④服装はキレイを心がける

服装は性格が出るので、きれいな状態でママと会いましょう。
靴やバックが汚い状態だと物を雑に扱う印象を与え、奇抜な服装をしていると近づきがたい印象を与えます。
対策としては、磨ける靴は磨く、ボロボロの服やバックは着用しないことです。

なお、ハイブランドを身にまとうと警戒心を与えますので、控えましょう。

良い印象を与えるコツ⑤明るい雰囲気を作る

服装に繋がるところもありますが、雰囲気も重要です。
明るく安心感のある雰囲気は、身だしなみがきちんとできていて、優しい好印象を与えます。

また、相手を困惑させるような話し方や態度はモテないのでやめましょう。
例えば、おどおどする・ビビる・声が小さいなどが挙げられます。

相手の話を聞きながら、ゆっくりはっきりと話すことで焦りのない雰囲気を作り出すことができます。

モテるための方法③マインド

マインドフルな状態だと、相手との会話に集中して向き合うことができるのでモテる要素になります。
さらに、自信が増して冷静なアドバイスやママの話の内容を理解して癒すことができます。
具体的には、
● ・自己肯定感を上げるような習慣(ありのままの自分を受け入れること)を取り入れる
● ・失敗を糧にする
● ・素直でいる(謝る・感謝するなど)
● ・明るく前向きなスタンス
● ・瞑想をする

上記以外にもマインドフルにな状態へ変えていけることはたくさんあります。

共通して言えることは、今までの自分が持っていたプライドを捨て、積極的に自らをまっすぐに変えていこうとする謙虚な姿勢がとても重要です。
もしプライドを持つのであれば、ママ活でお手当をもらうという結果に焦点を当てましょう。

モテるための方法④エンターテインメント性

若い時にモテてた女性が多いため、ママ活でモテるには、非日常を感じさせるようなエンターテインメント性があると効果的です。
例えば、お姫様扱いをする(荷物を持つ・車道側を歩く)・その人にとっての”リアル”にはない初めてを経験させてあげる(電車をあまり乗らない人に電車の旅を提案してみる)などが挙げられます。

ママとの会話に集中していると、なにをしてほしいのかのキーワードが転がっているので、真剣に話を聞いて汲み取りましょう。

ママ活でモテない人の特徴・嫌われる対応とは

ママ活でモテない人の特徴・嫌われる対応とは
ママ活においてモテない男性の特徴や嫌われる対応を理解しておくことは重要です。
なぜ自分がママ活できないのか・うまくいかないのか気づきやすくなります。

ここでは特徴を、外見的要素・内面的要素に分けて紹介します。
項目は多いものの、お金をかけずに努力次第で変えられることも多くあるので、お手当を多くもらうためにも怠らずに自分磨きをしましょう。

ママ活でママにモテない外見的要素

ママ活外見的要素

劣った外見

残念なことですが、劣った外見をしているとモテません。
お金を使ってママ活をするからには、できるだけイケメンに近く、ママが隣で一緒に歩いても問題ない人を選びます。

顔の整形をするか、自分で出来る限り自分磨きをすることで改善されることもあるので、コツコツ努力しましょう。

鬱陶しい服装

爽やかさからかけ離れた鬱陶しい服装は、ママから嫌われます。
例えば、B系やボロボロになった色あせている服装などは清潔感を感じられません。
ママだけでなく、一般的な女性からもモテにくいと言えます。

清潔感を感じる白や青をベースとしたシンプルな服装など、爽やかさを演出できるよう気を付けましょう。

愛嬌がない

ママに対して愛嬌がなく、しかめっ面な男性はモテません。
不機嫌そうだなと感じる態度をすると、ママから見てあなたが楽しんでいるのかどうかわからず、不安になります。

あなたがママといて楽しいことが伝わるように、笑顔で接してみましょう。

不潔さがわかる

臭いや体毛のケア不足で、不潔とわかる場合は嫌われる可能性が高くなります。
口臭や体臭がひどいと、ママだけではなくお店などの第三者が迷惑だと感じます。
また、爪や体毛が処理されていないと、バイ菌を連想させるのでかなり不潔です。

日頃から食べ物を気にしながら口臭ケアをし、爪や体毛は適度な長さで整えましょう。

チャラさ

清楚感とはかけ離れた派手なホストを連想させるチャラさをママは求めていません。
ママはチャラい上に営業をしてくるホストを苦手に感じるため、お金を出せばいつでも行けても行くことはないです。

あくまでも、ママが求める男性像に近づくことが優先されます。

ママ活でママにモテない内面的要素

ママ活内面的要素

マメではない

連絡がマメでないとママから好かれません。
会うときだけ連絡を取る、業務連絡のように感じる対応は控えましょう。

恋人と同じやり取りをするような感覚で接するのがおすすめです。

常識やマナーがない

ママに限らず、一般常識やマナーがない人は嫌われます。
高級レストランやラウンジなどに同行できる男性でないといけません。

社会人には必要なスキルですので、身につけておきましょう。

言葉遣いが悪い

言葉遣いが未熟な男性は、不快や不安に繋がるので嫌われる原因になります。
ママ活ではいつも以上に言葉遣いの丁寧さが求められます。

ママ活だからといって油断はせず、ママへのリスペクトを持って言葉を選びましょう。

身勝手な行動

身勝手な行動は自分では悪いと気づいていないので、ママを困惑させるモテない原因になります。
例えば、ママが話していても全然聞いていない・自分の話ばかりするなどの言動が挙げられます。

自分が気づいていない場合もあるので、第三者(友人・パートナーなど)に指摘してもらいながら改善しましょう。

否定癖や半可通な態度

ママの話を否定する・知ったかぶりをするなどの対応は好まれません。
意見を否定されたら嫌な気持ちになると同時に、女性は共感してもらいたいだけで、意見を欲しいわけではないのです。

食事やデート中は、話をよく聞きながら「うんうん、そうだよね」と頷き同調しましょう。

レベルの低い話

レベルの低い内容は幼稚に感じるため、年上のママと話す会話に適しません。
ママにとってあなたと一緒に過ごす時間は貴重です。

自分の興味のあることではなく、ママが関心のある話題や話をしましょう。

性とお金の訴求が多い

男性から肉体関係とお金を求めすぎると、恐怖や嫌悪を持ちやすくなります。
必要以上に自らそのような話を求めるのではなく、ママから切り出してくれるまで待ちましょう。

ママはあなたと過ごす時間の対価としてお手当をくれるので、嫌な気持ちになる行動を避け、どれだけ楽しんでもらえるかが大切です。

身勝手な肉体関係

もし肉体関係があるなら、ママが満足できるようなセックスをしないと関係は続けられません。
エスコートなく、前戯などに時間をかけないで終わろうとする行為はママへの敬意があるとは言えません。

あなたとするセックスが他のものには代え難くなるよう努力しましょう。

想像以上にたくさんありますね!

ママ活はモテるために努力するだけで変わる!

早速ママを探しに行こう
いかがでしたでしょうか?

具体的にモテ方法を実践しなければ意味がないので、自分には何が足りないのか客観的に考えた上でコツコツ改善していきましょう。
あなたが素敵なママに出会えることを心から応援してます。

inserted by FC2 system