ママ活危険な詐欺手口の見分け方と安全に出会う対策

ママ活は危険?リスクを抑え安全な方法でママ活を楽しもう!

記事を書いた人:西尾湊太

ママ活は男性にとってメリットも多く魅力的ですよね。
でも無闇にママ活を行うと、トラブルに巻き込まれる危険があります。

そこで、ママ活のリスクやトラブル内容などを解説。
注意点なども解説するので、安全にママ活を楽しむためにも読んでくださいね。

ママ活の危険な詐欺手口

ママ活の危険性・リスク

ママ活のメリット・デメリットはわかったけど、実際にはそんなにリスクが伴う物なの?危険があるようには思えないな。
管理人
考えが甘いわ。
男女間の出会いはとてもリスクが伴うもので、ママ活にも危険性やリスクがたくさんあるの。
これから説明するからしっかり覚えておくことよ。

ママ活は見ず知らずの人と会うということで、リスクが伴います。

会うまでは相手がどんな人かも全くわからないと言う危険性もあり、気を付けなければなりません。
ではママ活の危険性やリスクについてみていきましょう。

連絡していたママが男

ママを探している時に、連絡していた相手が男性だったということがよくあります。

特に身分確認のないSNSではこういった行為が多いです。
女性かと思い連絡していていざ会ってみたら、来たのは男性だったと。

相手がただ男性を求めているだけなら良いですが、自分の女に手を出そうとしたと脅す相手もいます。

身分確認のある出会い系サイトであれば比較的安全ですが、身分確認のないSNSでは相手がどんな人物か特定の仕様がありません。

ママを探す際には十分気をつけましょう。

美人局

ママが既婚者であった場合は、美人局に遭う可能性があります。

また、既婚者と名乗っていなくても、自分の女に手を出そうとした。
などと脅してくる人もまれにいます。

既婚者と隠されていた場合は、知らなかったのだから仕方ありません。
しかし、知っていて会った場合は不貞行為と思われる可能性があります。

ママ活での美人局被害は少なくありません。
ママを探す時には絶対に独身のママを探し、リスクを減らしましょう。

個人情報の悪用

ママ活詐欺とはママ活と見せかけ、男性から金銭を奪ったり個人情報を奪う事です。

会う前に先払いで金銭の支払いを求めたり、条件は解散時に渡すからと解散前にトイレなどへ行きそのまま逃げることがあります。

連絡をとっている段階で、経済的支援をする代わりにサイトへ登録してもらうなど、条件をつけて悪質サイトへ登録させられる被害もあります。

また、振り込みで支払うからと口座情報等を聞き出すこともあり、悪用される可能性が高いです。

ママ活で詐欺以外にも実際に起きることがある危険なトラブル

ママ活でのトラブル

ママ活の詐欺を説明しましたが、それ以外にもママとの間でトラブルになることもあります。
場合によっては詐欺よりもごたごたするので、よくあるトラブルを見ていきましょう。

ママ活にもリスクはあるって、要は気を付けてれば大丈夫ってことでしょ?
トラブルになることなんか少ないだろうし、あまり気にしなくて平気だよね。
管理人
リスクは確かに気をつければ防げる物だけど、実際にトラブルになった事例も多くあるわ。
最近ではニュースで見ることも多いし、甘く考えてると痛い目を見るわよ。
ママ活でのトラブルを説明するから、覚えておくことね。

ママがストーカーになった

ガチ恋に発展したママが、ストーカーとなるトラブルがあります。

特に一度身体の関係を持ってしまうと、ママがストーカーとなることが多いです。

ストーカー行為

  • 学校や自宅の住所を調べられ、会いに来る・物を投函しにくる
  • 家族や友達に紹介するようしつこくねだる

この場合はもう警察や弁護士に頼む、もしくは引っ越すしかありません。

身体の関係を持つところから始まり、連絡先等の管理・他の女性と連絡を断つように言われる。
その後は少しの情報から個人情報を調べ上げ、私生活へ踏み込んできます。

特に危険なのがいきなり連絡を取らなくなった時に、ママが逆上してくる可能性です。
個人情報は安易に漏らさないようにしましょう。

ママが妊娠して恐喝された

大人の関係を持っていたママが妊娠し、その後の方針についてトラブルになることがあります。

堕胎するか・産むか、どちらかになりますが、両者どちらをとっても責任問題が発生します。

妊娠トラブル

  • ママがガチ恋に発展していた場合、結婚を迫られる
  • ガチ恋でない場合や裏で結託している人間がいる場合、高額な堕胎費用を請求してくる

など、ママ活での予期せぬ妊娠からのトラブルも少なくありません。

避妊には充分気をつけてください。
最近ではピルを飲んでいるからと、ゴム無しを求めるママもいるので気を付けましょう。

金銭トラブル

多額の経済的支援をしてくれたママが、ママ活を卒業すると伝えた途端今までのものを返せ、と言い出す事があります。

もちろん貰った物を返す義務はありませんが、ママの気持ちとしては返しませんでは済まないです。

特に金銭的援助を受けていた場合、今までの金銭はあげたのではなく貸したのだ、と言い出すトラブルが後を絶ちません。

金銭的援助を受けられるのはメリットでもありますが、ママ活を終わらす時には驚異となることもあるので気を付けましょう。

ママ活で危険な詐欺に遭わないための対策

ママ活被害に遭わないための注意点

こんなにトラブルがあると、気を付けていても被害に遭いそう。
ママ活って怖いんだな。
安易な気持ちで手を出しちゃいけないな。
管理人
そうね。
安易に手を出すのは危険だわ。
でも知識があれば、トラブルに会う確率は減るわ。
ママ活で気をつけることについて教えるから、よく覚えておくといいわ。

ママ活でのリスクやトラブルのほとんどは、無知であるが故に起こりうることです。
知識があれば対処できるので、ママ活で被害に遭わないためにも注意点を押さえておきましょう。

ママ探しは年齢確認のあるアプリ・サイトを使う

年齢確認のある出会い系サイトを使う

安全なママ活を探すためにまず一番大切なのは、年齢確認があるアプリ・サイトを利用すること。
SNS等の誰もが利用できるコンテンツでママを探すのは危険なので、絶対に利用しないでください。

優良なママが相手を探すのには、優良なママ活サイトを利用していることが多いです。
SNSや匿名の掲示板は安価ですが危険なので、ママを探す時は出会い系サイトなどを利用しましょう。

URL等送られてきても開かない

ママから突然URLが送られてきても、絶対に開いてはいけません。

迷惑メールに添付されているURLを開いてはいけないのと同じで、ウイルスが仕込まれている・情報を抜き出そうとしている可能性があります。

基本的にURLは安易に開かないことが大切です。

他にも別サイトへ誘導され、別サイトで連絡を取るよう促されることがよくあります。

この場合のほとんどがキャッシュバッカーと言われる、男性とメールをすることでポイントを貰い実際は会えない女性です。

他サイトへ誘導する女性はとても怪しいので、相手にしないようにしましょう。

掲示板・SNSでの募集はしない

掲示板・SNSでの募集はしない

身分確認のない掲示板やSNSでの募集は危険です。
女性かと思っていた相手が男性だったり、連絡を取っている相手が未成年である可能性があります。

特に未成年と連絡を取り金銭絡みや身体の関係について話していた場合、成人しているあなたが罪に問われることもあるので気を付けましょう。

掲示板やSNSは出会い系サイトに比べて規制が少なく、違法な書き込みをしても取り締まられることが少ないです。
そのため悪質な人が集まりやすいので、ママ活探しには使わないのが賢明です。

個人情報は漏らさない

当たり前ですが個人情報は迂闊に漏らさないことです。

詐称の知らぬ相手に個人情報を握られるのはとても危険なので、自分に直結してしまう可能性のあることは教えないようにしましょう。

チェック

  • 学校名や最寄駅、名前などは、自分の個人情報からかけ離れた物にする
  • 電話番号やLINEを交換しない
  • 安易に自分の物に触らせない

これらを徹底していれば、個人情報を簡単に知られるリスクが減ります。

密室で2人きりにならない

密室に2人きりにならない

ママと会う時に2人きりにならないことが大切です。

特に鍵のかかる密室は絶対に避けましょう。
いざとなった時、逃げ場がある状態にしておくと安心です。

第三者の目があることで、ママが悪意ある行為を働くことを防ぐことができます。

美人局・詐欺・恐喝のシチュエーションは、絶対的に密室に2人きりという状況です。
ママと逃げ場のない密室で2人きりになることだけ避ければ、美人局等の被害からある程度身を守れます。

金銭を要求されても払わない

恐喝されたり、金銭の要求をされたとしても、すぐに支払わないようにしてください。
一度払った金銭は簡単には返ってきません。

また、一度払ってしまうと、後から理由をつけて何度も金銭を請求される可能性があります。

金銭を要求されたらまず、誓約書の用意・弁護士を通すことを提案しましょう。
呼べるのならばすぐに警察を呼んだほうが安全です。

怪しいと感じたら身を引く

ママと連絡を取っている時やママと会った時、少しでも違和感を感じたら身をひきましょう。

「メールでの返信が噛み合わない」「同じ返事を何度も送ってくる」などは、キャッシュバッカーやさくらの可能性が高いです。

注意点

  • 実際に会ってみた時に手慣れた感じでホテル等へ誘導する
  • 人通りが少ない場所へ連れて行こうとする

上記のような素振りがある場合は、美人局などグループで計画している可能性があります。
なるべく人通りの多い場所で、焦らず解散するのが賢明です。

ママ活にいる詐欺業者や危険な人の特徴

ママ活で危ない人の見極め方

ママ活って危険なことが多いな。
会う前に危険な身を見極めて、できるだけ安全に会いたいけどそれは難しい?
管理人
そんなことないわ。
危険なママには特徴があるの。
これから説明する特徴さえ覚えておけば、安全に会える確率がグッとあがるわよ。

危険なママというのは、メッセージの段階である程度判断することができます。

明らかな業者やサクラには特徴があり、それらに気を付ければ危険なママと出会うのを回避できます。
では危険なママの特徴を見ていきましょう。

メッセージが支離滅裂

メッセージの時点で会話が噛み合わなかったり、同じ内容が返ってくるようなことがあります。

出会い系サイトにはサクラがおりボットのような返事をすることがあるので、ただポイントを取られて終わります。
メッセージが支離滅裂だと感じたら、早めにやり取りを切り上げましょう。

また、言っている内容が二転三転する場合も、第三者が介入し返事を考えている場合があるので危険です。

コロコロと言っていることが変わる女性は、危険なことが多いので会わないようにしましょう。

少し踏み込むと曖昧な返事をしてくる

少し踏み込むと曖昧な返事をしてくる

メッセージのやり取りの最中で、少し踏み込んだ内容に反応を示さなくなった場合は第三者が介入している場合があります。

本人でないとわからないことに対し返信がない・ざっくりどの辺りに住んでいるかなどをスルーする相手は、本拠地を転々とする業者の可能性が高いです。

もちろんそんなママの中にも真面目なママもいますが、都合の悪いことに対してのみ返事をしないのは危険なママの特徴です。

会う場所を細かく指定してくる

会うことが決まった時に相談もなしに、会う場所を細かく指定してくるママは危険です。

自分のよく知っている場所や仲間の多い場所へ、誘導される可能性があります。
美人局や詐欺などをする人は、自分の都合の良い場所へ呼び出す傾向があるので気をつけましょう。

待ち合わせ場所を決める時に人通りの多い場所を嫌がられた場合も、相手にとってなにか都合の悪い理由がある可能性があるので会わないのが賢明です。

投稿やプロフィールの更新頻度が多い

投稿・プロフ・メッセージの更新頻度が多い

プロフ・投稿の頻度が多い・メッセージの返信が異常に速い女性は、業者や詐欺グループなどの可能性が高いです。

やりとりがスムーズですぐに会えそうでも、ゆっくり様子を見る必要があります。

投稿やプロフの更新頻度が多いということは、その分ログインしている時間が長いと言うことです。
下手したら24時間張り付いているような人もいます。

これらは代理でサイトのやり取りをしている第三者の可能性が高いので、気をつけましょう。

内容が下ネタばかり

プロフや投稿に下ネタが多く含まれている場合、やりとりをしていると身体の関係を求められることがあります。

身体の関係をもつことで、金銭を要求してくる女性もいるのでとても危険です。

ママ活を探している女性は、あからさまに身体の関係を求めているようなことは書きません。
下ネタが多かったり目的が違うと感じたら、粘着される前に連絡を取るのをやめましょう。

ママ活の危険詐欺についてのまとめ

安全なママ活を探すには慎重に時間をかけよう!

ママ活のリスクやトラブル・良いママを探す方法について紹介しましたが、いかがでしたか。

ママ活は簡単にお金を稼げるから楽と思われがちですが、その分多大なリスクも伴います。
無知のまま安易に手を出すのだけはやめましょう。

ママ活についての知識をつけた上で、リスクを抑え安全な方法でママ活を探すのが賢明です。

ママ活は人生の選択肢も増やせる、素敵な出会いがたくさんあります。
今回紹介した内容を参考に、安全なママ活を楽しみましょう。

inserted by FC2 system