ママ活とは?メリットやデメリットを紹介します

記事を書いた人:西尾湊太

最近はママ活の需要も高くなってきています。

今回は、ママ活とは何なのかやメリット・デメリットなど、ママ活を始めたい人に向けて記事を書いていきます。
ぜひ最後まで読んでくださいね!

今月のおすすめママ活サイト

Jメール

Jメールは30代~40代女性の利用者も多く、掲示板などを使って簡単にデートに誘うことができます。

いま登録すると1,000円相当のポイントがプレゼントさせるので、この機会に試してみてください。

今すぐJメールで
ママと出会う
※18歳未満の方は利用できません。

ママ活ができるアプリ・サイト

ここからはママ活でよく使われているおすすめのアプリ・サイトを3つ紹介いたします。

ママ活アプリ・サイト1位:ワクワクメール

ワクワクメール
※18歳未満の方は利用できません。

URL https://550909.com/
運営会社 株式会社ワクワクコミュニケーションズ
運営年数 2001年3月にサービス開始
会員数 1,000万人
女性の年齢層 10~40代
料金システム ポイント制 1ポイント=10円
主な料金プラン 募集の書き込みを見る:1P
最新に掲載:5P
メールを送る:5P
プロフ画像を見る:2P
いいかも!を送る:2P
女性料金 男性とのやり取りは全て無料※
おすすめ度 評価ハート5

※女性同士のやり取り、一部の画像・動画閲覧はポイントが必要

ワクワクメールは、さまざまな支払い方法を提供しており、銀行振込やクレジットカード、あと払い(Paidy経由でコンビニ/銀行)など、利用者がポイントを購入できる多くの選択肢が用意されています。

また、スポンサーサイト登録を通じて簡単にポイントを増やすことができ、資金に余裕のない場合でも安心です。

さらに、新規登録時には1,200円分のポイントをプレゼント。
メッセージ送信に必要なポイントはたったの5ポイント(50円)なので、新規登録ボーナスだけで素敵な出会いが可能です。

ワクワクメールは月額課金ではなくポイント制を採用しているため、自分のペースでママ活を楽しむことができるマッチングアプリです。

ワクワクメールの
公式サイトはこちら

※18歳未満の方は利用できません。

Jメール

Jメール
※18歳未満の方は利用できません。

URL https://mintj.com/
運営会社 有限会社エムアイシー総合企画
運営年数 2001年にサービス開始
会員数 600万人
女性の年齢層 20~40代
料金システム ポイント制 1ポイント=10円
主な料金プラン メッセージの投稿:5pt
掲示板を見る:1pt~3pt
掲示板画像を見る:3pt
掲示板動画を見る:5pt
メッセージを送る:7pt
女性料金 完全無料
おすすめ度 評価ハート5

Jメールは、新規登録時に最大100ポイントをプレゼントし、約14回の無料メッセージ送信が可能です。
初心者でも気軽に女性を探し始められるため、安心してご利用いただけます。

まとめ買いがお得なシステムを採用しており、1,000円からポイントを購入できるのも特徴的。
これにより、お財布の状況に合わせて楽しむことができ、利用者の柔軟なニーズに対応します。

会員数は600万人以上で、アクティブなユーザーも多数在籍しています。
全国規模で利用者が広がっており、様々な地域から出会いを探すことができますよ。

また、地元近辺での活動を避けたい方にも適しており、使いやすいマッチングサイトとなっています。

Jメールの
公式サイトはこちら

※18歳未満の方は利用できません。

ママ活とは?

ママ活とは

そもそもママ活とは、お金に余裕のある女性(ママ)とデートや食事をしてお小遣い名目でお金をもらうというもの。
簡単に言うとパパ活の逆バージョンですね。

ママ活はママによって金額に結構なばらつきがあり、一概に相場と言えるものはないと思っていますが、参考として私の10年以上のママ活での平均値を下記に書き記しておきます。
(平均値と言っても下3桁を書くと紛らわしいので省略します。)
またママ活は交渉次第でさらに高額にもすることができるので、これはあくまで私の平均値であると理解したうえで読み進めてください。

ママ活内容 お小遣い平均 時間
初顔合わせ(食事、カフェなど込み) 5000円 1H~2H
買い物、食事デート 12000円 3H~5H
終日デート 25000円 5H~12H
お泊り旅行デート 70000円 20H~
契約 100000円 ※適宜

※契約については、基本的にママによって違いすぎるため書くことができません。
参考までに私が契約していたママは、ルールをあまり作らない人が多かったですが、中には厳しめのルールを指定してきた人もいました。
またルールは明確であればあるほど、後々トラブルになる可能性を減らせますので、契約する場合は明確にルールを決めた方がいい場合が多いです。

ママ活とパパ活の違い

ママ活って文字通り、若い男性が、一回り以上上の女性とデートや食事をしてお金をもらうじゃないですか?これ、間違っても男女の関係だから、恋愛に発展するとかってパターンは無いんですか?
管理人
「いくらお金のやり取りで関係が構築されてるとは言っても、男と女ですからね。そういった質問は当然あるだろうと思います
しかも男側はまだまだ経験値も低い若造ですから、当然そのような勘違いなんて事もあるんじゃないのって思っちゃいます
管理人
そうですね。でも、意外にも若い男性よりも、ママの方がお熱を上げちゃうって事の方が多かったりも!
えっ?それは意外ですね!!
管理人
じゃあ今回はママ活から恋愛へと発展するのか?また、するとしたらどんなパターンかなどについてお話していくとしましょう!
うわぁ!今回も濃い内容になりそうだな!よろしくおねがいします!

若い男性が一回り以上上の女性から支援を受けるというものが「ママ活」です。

では、女性が年上男性から支援を受け取る「パパ活」とはどのような違いがあるのかというと、表面上の違いは特にありません。

どちらも、バーやSNS、マッチングアプリなどで知り合い、そこからお金のやり取りをベースにデートや食事、時には体の関係を行います。

ですが、細かく見ていくとパパ活とママ活はちょっと違っているとも言えます。

パパ活女子の特徴

パパ活女子の特徴

パパ活を行っている女性は基本的に「お金」がメインです。

もちろんママ活も「お金」が軸にはなっていますが、パパ活はママ活に比べるとよりお金で割り切っている節があります。

パパ活を行う女性は、

  • 留学費を貯めたい
  • 奨学金を返したい
  • 将来の自分に対して貯金をしたい

などといった明確な目的が存在する事が多く、その為の「手段」と捉えている側面が非常に強いです。

正直、パパ活から恋愛に発展するというケースはほとんど聞きません。

やはりパパ活を行う女性は、目の前の男性に感情が入るわけでは無く、その男性が抱えている経済力に魅了されている証拠でしょう。

逆に、恋愛に発展する事はほぼ無いですが、結婚する女性は存在します。

パパ活で知り合い、その男性の経済力を自分のモノにしたいがために結婚をします。

このように玉の輿を見据えてパパ活をしている強者も存在します。

それほど女性はお金に対して強かだと言えるでしょう。

あわせて読みたい

パパ活に関する記事はコチラ

ママ活男子の特徴

ママ活男子の特徴

一方ママ活を行う男性ですが、もちろん目的は「お金」です。

ただ、先ほどのパパ活女子と比べると、あそこまで「お金」に固執しているようには見受けられません。

ママ活では、顔合わせではお手当が発生しない事はごく当たり前で、それ以降も、食事やデートを数千円~というケースも少なくありません。

パパ活の場合は、10,000円~といった金額が一般的で、絶対と言っていいほどお金は発生します。

ですが、ママ活は「姉活」というジャンルも存在し、これは「お金は渡さないけど、食事やプレゼントを与える」といった関係性です。

パパ活ではありえないような事がママ活では行われており、ママ活を行う男性は、当然お金は欲しいですが、年上の女性と楽しい時間を共にできて、美味しい食事をごちそうしてもらい、何か欲しいモノを買ってもらえればそれで満足というケースも少なくありません。

こう見るとパパ活よりは「お金」に固執していない点からも、恋愛に発展する可能性はありそうです。

こうやって見てみると、パパ活とママ活って言葉も、やってることもよく似てるのに、その中身、性質は結構違ってたりするんですね!
管理人
やっぱり女性はより現実的で、よりシビアですよね。かたや男性は、どことなく甘さがあるというか、ゲーム感覚の部分がありますよね
ですね。最悪別に、お金が無くても美味しいごはんが食べられるんだったらそれで良いって考えなんてまさしくそうですよね

どんなママがどんな出会いを求めてる?

どんなママがどんな出会いを求めてる?

そうなんだ。でもどんな女性がママ活してるんですか?なんか想像つかないです。
管理人
そうね、それは知っておく必要があるわ。

ママ活をする女性の特徴

● 平均年齢40代前半
● 職種はさまざま
● 1人の男性を大切にする
● 凛とした美人さんが多め
● 既婚者がいる可能性大(旦那さんとのときめきがない)
● 非日常を求めてる(同世代以外の男性と話したい・経営者だと利害関係のない男性と話したい・)

若いころにモテていた女性が、結婚して数年経った今はそれがなく、その頃のようにチヤホヤされたいと思っている傾向にあります。
そのため、旦那さん以外の男性と会ってときめいて話したい・経営者の女性だと利害関係のない男性と気兼ねなく話したい、などの理由でママ活を始めています。

ママ活に向いている人の特徴

ママ活が向いている人の特徴

いろんなきっかけでママ活を始めているんですね!
管理人
そうね。パパ活と違い、単にお金でサポートしたいというより、自分では埋められない心の穴を埋めたい人が多いわね。
そうなると、どんな男性がママ活できるんですかね?
管理人
自分に向いているのか知りたいところよね。いくつかピックアップしてみたから、自分がいくつ当てはまるのか確認してみてね。

ママ活できる男性には、共通点がいくつかあります。

● 容姿レベルの高いイケメン
● 雰囲気イケメン
● 若い
● 愛嬌がある
● モラル・礼儀がある(高学歴・タレントなど)
● なにかしらの肩書きがある
● 夢や目標があり、素直
● 聞き上手・会話が上手
● 癒される

ママにも個人差があり、これだけが全てではありません。
1つクリアできていても意味がなく、いくつかの要素を持ち合わせている人がママにモテて、ママ活できています。

ママ活のメリット

ママ活のメリット

大前提としてママ活をする女性は、経済的に自立をしており余裕のある女性が多いです。
自分の意見を強く持ち、しっかりと自立しています。

そんな大人なママが求めるのは癒し。
ママになれば惜しまない援助をしてくれます。

では、素敵なママを見つけたママ活で得られるメリットを上げていきましょう。

メリット

  • 非日常な体験を味わえる
  • 大人の女性の立場から助言をもらえる
  • 経済的支援を望める
  • 女性に対するマナーを学べる

ママ活をすると私生活では味わえない刺激的なことを体験できたり、経済的支援を望めるのがとても大きいです。

また、学校では習うことのない女性に対するマナーや、身近な大人以外からの助言をもらえます。

ママ活をすることで人生の幅がとても広くなるでしょう。

ママ活でお小遣いももらえて、良いところに連れて行ってもらえるなら万々歳だよ。
いいママを見つけて楽しみたいな。
管理人
さっきも言ったけれど、ママ活のメリットだけを見るのはとても危険よ。
簡単に出来そうに見えるけど、それに伴うデメリットもたくさんあるわ。
ママ活のメリット・デメリットをきちんと知っておかないと!

非日常な体験を味わえる

ママからすると若い男性と出掛けられるのは、普段と違う非日常な体験です。

そしてそんな余裕のあるママが連れて行ってくれるのは、普段行かないような場所である事が多く若い男性からすると非日常な体験となります。

自分では出せない値段のするレストラン・高級な宿など、普段できない経験ができます。

また、余裕のある女性と過ごす時間は、とても有意義な経験で様々なマナーを学ぶ良い機会です。
高級なレストラン・高級な宿などでの最低限のマナー等、普段教わる事がないことを学ぶ事ができます。

大人の女性の立場から助言をもらえる

ママと親しくなれば、大人の女性の立場から助言をもらえます。
女性は悩みや意見に共感を求める事が多く、その逆も然り悩みや意見に共感してくれるものです。

学生や若い男性の悩みに真摯に向き合い、自らの経験から最善の助言をしてくれます。

男性同士では相談しにくいことや、周りに相談しづらいこと。
自分で解決できないような悩みをママに聞いてもらうことで、自分自身の心も軽くなるでしょう。

経済的支援を望める

ママは経済的に自立している女性が多いので、困った時に経済的支援を望めます。

前述した通り女性は共感する生き物です。
そのため仲良くなった人が困っている姿を見ると、放っておけない気持ちになってしまいます。

また、普段しっかり自立している人ほど、頼られることに喜びを覚え援助を申し出てくれる事が多いです。

また、高額な商品をプレゼントしてくれたり、相手に喜んでもらうためになにかと物をくれる事があります。

ママは相手に喜んでもらうためになにかとつくしてくれる傾向が強いので、相手のためにお店に連れていき洋服等買ってくれる事も多いです。

経済的支援についてはママとの関係性にもよりますが、定期的に会う事ができていればしてくれる可能性があります。

しかし人と付き合う最低限のマナーとして、経済的支援のみを強く申し出る行為は避けましょう。

女性に対するマナーを学べる

大人なママと過ごしている時間が長ければ長いほど、レディーに対するマナーが身に付きます。

ママは相手に対しママを尊重し女性として丁寧に扱ってもらうことを望む事が多く、理想に近い行動をしてもらうため最低限のマナーを教えてくれます。

特に女性との付き合い経験が浅い男性や、社会人経験の浅い男性なら学ぶことは多いです。

女性が何を言われどんな気持ちになるのか・男性の行動一つでどう感じるのか。
ママを通してゆっくり女性の気持ち、そして扱い方が学べます。

ママ活のデメリット

ママ活のデメリット

上記で紹介した通りママ活のメリットはたくさんあります。
しかし上手い話にはデメリットも付き物です。

ママ活のデメリットを上げていきます。

デメリット

  • 金銭感覚が狂う
  • 大人の関係を求められる可能性がある
  • 美人局の可能性がある
  • 束縛される事がある
  • 相手がガチ恋になる可能性がある

ママとの時間が長くなればなるほど、金銭感覚が狂ったりママからの情が変わってきてしまう可能性があります。

これらは一歩間違えると人生の決断を誤ってしまうことに繋がりかねないので、ママ活と私生活を上手く両立することが大切です。

金銭感覚が狂う

ママ活で普段行かないようなお店・場所ばかりに行くと、友達と遊ぶ時に違和感を覚えるようになります。

またママと遊ぶ時のようなお金の使い方は、学生では到底できない事なので切り替えができないと金銭感覚が狂います。

ママ活で稼いでもママと遊ぶ時のようなお金の使い方をすると、とても危険です。

稼いでも使う額が大きければお金は足りなくなり、どんどん悪循環に陥ります。

一度狂った金銭感覚を戻すのは難しく、ママ活を卒業した後に普通の生活に戻るのがとても苦しくなるので気を付けましょう。

大人の関係を求められる可能性がある

ママは若い男性に癒しを求めるのが基本ですが、まれに大人の関係=性行為を求めてくるママがいます。

自分のパートナーとはできないことを求めたり、若い男性に抱かれたいと考えるママも少なくありません。

最初にキッパリ断らず体の関係を持ってしまうと、その後もママから体の関係を求められるようになります。
お互いのためにも大人の関係を求められたら、キッパリ断ることも大切です。

美人局の危険性がある

ママが既婚者だった場合、美人局に遭う可能性があります。

美人局とはママがパートナーである男性と結託し、性行為等の不貞行為を理由に金銭を求める行為です。
実はママ活の中でも被害がとても多く、他人事ではありません。

特にSNS等での募集・利用料金が低めな出会い系サイトで頻発し、その場で金銭を払わされることがよくあります。
万が一美人局にあってもすぐに支払いはせず、警察を呼び仲裁を頼みましょう。

束縛される事がある

女性は身体の浮気より心の浮気に敏感で、相手にしっかり自分の気持ちが向いていないと不安になりがちです。

例に漏れずママも自分だけのパートナーとなってもらいたく、細かな束縛をされる事があります。

例えば他のママと会ってはいけない・女性の連絡先を登録してはいけない。
など、多額の経済的援助を理由にして、相手のことを支配しようとすることがあります。

お互いに割り切った関係でスマートでいられるよう、ママとの関係は深くなり過ぎないよう気をつけてください。

相手がガチ恋になる可能性がある

ママが束縛を始めると、そのままガチ恋へ発展してしまう可能性があります。

自分が割り切った関係だと思っていても、ママの心境が変化し恋愛感情へ移行してしまうことも少なくありません。

特に、身体の関係を持った場合は要注意です。

ママのためとつくしすぎてしまったり、ママを頼りすぎたり。
割り切った関係から一歩踏み込んでしまうと、ガチ恋になったママからストーカー行為等受ける可能性もあるので気をつけましょう。

ママ活に関するよくある質問

ママ活何をする?
ママ活では、ママとなる女性を喜ばせることをします。

  • 一緒に食事
  • 買い物デート
  • 旅行

など、特に決まりはありません。

基本的に肉体関係は無いとされていますが、男女が一緒に過ごす以上、大人の関係に発展することもあります。

ママ活は個人間で行われることなので、何をするかはお互い次第です。
もちろん何をしたかによって、お小遣い額や支援の内容が変わってきます。

ママ活とはどういう意味?
ママ活とは、男性が支援してくれる女性を探すことです。
経済的に困っている大学生など、若い男性が主に行っています。

援助内容としては、金銭の他に洋服やアクセサリーなどのプレゼントも。
その為、ママ候補になるのは経済的に余裕のあるタイプです。

ママ側には、年下の男性と食事やデートが楽しめるといったメリットがあります。

ママ活いくら持っていく?
ママ活で女性と会う場合、食事代やデート代は基本的にママ側が支払います。
その為、お金を持たずに行くこともできますが、全く持たないのも問題です。

少なくとも、待ち合わせ場所までの交通費は持っていくこと。

さらに少額でも男性側が何か払おうとすることで、ママが喜んでくれることもあります。

その為、ママ活を長く続けて行きたいなら、5,000円~10,000円程度は持っていくといいです。

ママ活何罪?
ママ活は基本的に個人間の付き合いなので、大人同士なら犯罪に問われることはありません。

ただし、ママ活男子が未成年だった場合は、

  • 児童福祉法
  • 未成年者誘拐
  • 児童買春
  • 各都道府県の青少年健全育成条例違反

などに問われる可能性があります。

あくまでも犯罪に問われ、逮捕されるのはママ側です。
男性側は未成年であるため、補導されることになります。

親や周りにもバレることになるので、未成年はママ活はやらないようにしてください。

ママ活何税?
ママ活の報酬に対する税金は、贈与税にあたります。
合計金額が年間110万円を超えると、申告義務が必要です。

これは金銭的な支援だけではなく、車など高額なプレゼントも含まれるので注意してください。

複数のママから金銭的な支援を受けた場合は、合計額で計算することになります。
ママ活で食事代などを払ってもらうだけであれば税金の心配はありません。

ママ活大人何割?
ママ活では、肉体関係はないと言われています。
ですが、中には大人の関係になっていることも。

しかも寂しく欲求不満の女性がママになるケースも多いのがポイント。

実は7割、中には9割以上が大人の関係になっているという調査結果があるほどです。

大人の関係も成人同士ならば問題がないため、ママ活では10代よりも20代男性の方が人気は高い傾向にあります。

ママ活月にいくら?
珍しいケースになりますが、ママ活には月極での契約もあります。

月にいくら貰えるかは、交渉次第です。
ただ、相場としては月10万円~になります。

月極ママは安定して稼げますが、いつ会いたいと言われるか分かりません。
都合が合わずに会えないことが続けば、すぐに関係が終わってしまうから注意。

ママ活を積極的に行って複数のママがいるなら、月極ママに拘る必要はありません。

ママ活なぜ捕まらない?
ママ活で捕まらないのは、犯罪ではないからです。

恋人にお小遣いやプレゼントをあげても何も問題が無いのと同じ。
大人同士のママ活であれば、自由恋愛の範疇です。

ですが男子高校生などの未成年がママ活を行うと、女性側が捕まる可能性があります。

その場合、男性側も補導されることに。

これは肉体関係の有無は関係ありません。
成人男性なら犯罪にはならないので安心してください。

ママ活どれぐらい稼げる?
ママ活でどれぐらい稼げるかは、あなたの努力やママの経済状況次第になります。

月額50万円以上稼げる人もいれば、やっと数万円という人もいる状況です。

ママがハイクラスの女性だと、食事だけで3万円、ホテルデート一晩で10万円なども。

週末はもちろん、平日の夜にも食事デートに行けばそれだけ稼げるようになります。

食事代だけでお小遣いなどがないママ活も珍しくありません。

ママ活についてのまとめ

管理人
ここまでご紹介してきましたママ活ですがどうでした?
ママ活についてよくわかりました。さっそくやってみます!

今回は「ママ活とは」について紹介していきました。
おさらいとして、ママ活とは男性が女性(ママ)とデートをして支援してもらうといった意味です。

ママ活についてよくないイメージを抱いている人もいますが、犯罪ではなくトラブルなる可能性も少ないです。

ママ活は簡単そうに思えますが、実際は難しく苦労している男性もたくさんいます。
もしママ活を始めるなら、自分を磨きをしてママを楽しませるように心掛けるようにしてください。

inserted by FC2 system