ママ活をしながらセフレを作る方法!メリットや注意点なども解説

ママ活をしながらセフレを作る方法!メリットや注意点なども解説

記事を書いた人:小出和泉

最初はママ活目的でも、エッチができれば良いと考える男性がたくさんいます。
でもママ活とセフレの違いを理解しておらず、関係がすぐに終わるケースも。
満足できる出会いを見つけて欲しいので、ママ活とセフレの違いや作り方を解説します。

ママ活をしていると、肉体関係になることもあります。
だったらセフレ関係にもなれるのでは?と思う男性がいて当然ですよね。
ただし、ママ活と同じ作り方では失敗することに。

そこで

  • ママ活とセフレの違い
  • ママ活をしながらセフレを作る方法
  • ママ活でセックスをするメリット・デメリット
  • セフレとしてセックスをするメリット・デメリット
  • ママ活でセフレを作る際の注意点

などを解説します。

漠然と肉体関係になれれば、セフレにもなれると思っていると失敗続きで後悔することも。
しかもあなたが重視する目的によっては、セフレよりもママ活の方が良い場合もあります。
しっかりとセフレとママ活の違いを理解して、満足できる出会いを見つけてください。

ママ活とセフレの違いは?

ママ活とセフレの違いは?

ママ活もセフレも、エッチができるなら同じじゃないんですか?
管理人
そもそもママ活は肉体関係が必須じゃ無いし、正しい認識を持つことが大切よ。

あなたはセックスができれば、ママ活とセフレのどちらでも良いと思っているかも知れませんね。

だけど簡単に違いを表にまとめるだけでも、

ママ活 セフレ
女性の年齢層 40代前後が多い 20代も多い
肉体関係 女性次第(ない場合もある) あり
お手当て 女性が男性に支払う なし
ホテル・デート代 女性が負担 特に決まりは無い(割り勘や男性が負担)
男性の立場 女性に奉仕 女性と対等

となり、色々と違うことが分かるはず。

しっかりと理解しておかないと、満足できる出会いを見つけられません。
さらに出会いを見つけても、長続きできない可能性があるのでよく確認してください。

ママ活は稼げるが女性に配慮が必要

ママ活の特徴は、女性からデート内容に合わせてお手当てが貰えることです。
その分、女性に配慮する必要があり、男性側が一方的に気を使う関係性になります。
女性が満足できないと、お手当てが貰えないし関係も続きません。

金欠の大学生にとっては、お金を稼げるママ活関係の方がセフレよりも満足できる可能性大。
でもママ活女性の年齢層は、30~50代と高めになっています。
若いキレイな女性とデートをしたいなら、ママ活は向いていません。

しかもママ活は女性が優位になるので、デート内容を決めるのも女性側です
肉体関係を期待していても、どうなるかはママ次第。
あくまでもママ活はセックスを楽しむのでは無く、女性に援助して貰うための出会いになります。

ママ活は肉体関係なしの場合がある

ママ活はセフレとは違って、肉体関係なしの場合があります。
食事などを楽しむだけで、本当に男子を応援したいと思っている女性も多いんです。
さらに肉体関係に不安を感じている女性もいるので、ママ活が成功しても肉体関係になれるとは思わないこと。
ちなみに若いイケメンほど人気が高いのは、肉体関係の有無に関係なく同じです。

そもそもセレブだけでは無く、普通の会社員の女性もママ活をしています。
デート内容で報酬が変わり、肉体関係ありだと相場が高くなるのがポイント。
安く若い男子とデートを楽しもうとママが思えば、セックスなしの可能性も高くなります。

セフレは気軽にセックスが楽しめる関係

セフレ関係は、気軽にセックスが楽しめるのが特徴です。
ママ活とは違って、必ず肉体関係になれるのがポイント。
待ち合わせができたなら、ホテルに行かずに終わる心配はありません。

しかもママ活とは違って、女性優位ではないのも男性には重要な違いです。
とはいえ、割合的にセフレを求める女性が少ないため、どうしても男性が弱い立場になってしまいます。
それでも前提としてはセフレ同士なら、男女平等なので安心してください。
プレイ内容などの希望を伝えやすい関係なので、男性側もセックスを満喫できますよ。

さらにセフレはママ活と違って、女性に経済力が必要ありません。
そのため、セフレを求める女性には、20代の若い子もいるのが大きな違い!
欲求不満の女性も多いし、美女とセックスをしたいならセフレ関係がおすすめです。

ママ活募集からセフレになれるの?

ママ活募集からセフレになれるの?

セフレが欲しいなら、最初からセフレ募集をしますよね?
管理人
セフレ募集がしたくても、事情があってママ活を選ぶ女性もいるのよ。

ママ活とセフレには、色々な違いがありましたね。
だからママ活募集をしていては、セフレを作れないと思ってしまったかも。
でもママ活女性には、セフレになっても良いと考えているタイプもたくさんいるんです!
ママ活募集からでも、セフレになれるので安心してください。

セフレよりママ活の方が恥ずかしくないだけ

セフレよりも恥ずかしくないという理由から、ママ活を選んでいるだけの女性もいます。
どうしてもセフレ関係だと、肉体関係が必須になっているのがポイント。
内心ではセックスがしたくても、セフレ募集だと肉食女子と思われてしまうのが問題に。
性欲が強そうで恥ずかしいと感じるため、ごまかすためにあえてママ活を選ぶ女性も多いんです。

早い段階でホテルデートに誘ってくるママなら、実際は肉体関係を望んでいます。
だから仲良くなれば、セフレになるのも簡単。
身体の相性などの条件が良ければ、あなたの方からセフレに誘って見るのもおすすめです。
ママ活の気づかいなどが必要なくなり、気軽にセックスが楽しめるようになりますよ。

中高年女性はセフレが作りにくい

中高年女性はセフレを望んでいても、作りにくいからママ活をしていることがあるんです。
若い女性がセフレを募集すれば、男性たちがすぐに群がるほど人気が集中しますよね。
けど中高年になると、人気がなくなるのが問題。
セフレ相手を募集しても見つからないから、ママ活をするしか無いんです。

特にセックスレスで欲求不満の人妻たちは、面倒の無い割り切った関係を望んでいます。
でもセフレを募集しても反応が悪いので、お手当てを払っても良いと考えるように。
その結果、ママ活として相手を募集しているだけ。

ママ活中の既婚女性は、割り切りを望んでいるため、セフレになれる可能性が高いタイプ。
特にセックスレスなど、家庭の不満を口にするようなら狙い目です。
あなたの方からセフレに誘えば、すぐに関係性を変えられますよ。

ママ活なら中高年女性も若い男子と仲良くなれる

セフレ募集と違い、ママ活なら男子大学生などの若い子と仲良くなれるのもポイント。
セフレ募集だと、普通に中高年男性もアプローチしてきます。
だけどママ活なら、男性側の年齢層が大きく下がるんです。

何よりセフレ募集だと相手にされない中高年女性も、ママ活だと人気の的に!
手軽に若い男子とセックスが楽しめるので、セフレでは無くママ活募集を選ぶ女性もいます。
欲の強そうなママ活女性と仲良くなれば、セフレになるのも簡単です。

ママ活をしながらセフレを作る方法

ママ活をしながらセフレを作る方法

ママ活をしながらでも、セフレは作れるんですか?
管理人
やり方を間違えなければ、ママ活しながらの方がセフレを作りやすいぐらいよ。

ママ活女性とも、セフレになれることは分かったと思います。
でもママ活専用アプリだと、目的が決まっているのでセフレを作るのは大変です。
そこでママ活をしながら、効率的にセフレを作る方法を解説します。

ママ活アプリよりも出会い系サイトを使う

ママ活をしながらセフレを作るなら、出会い系サイトを使うのがおすすめです。
ぜならママ活アプリは、性欲よりも若い男子を援助したい女性が多いから。
セフレを作ろうとして体目的だと思われると、女性たちから相手にされなくなります。

出会い系サイトなら、最初からセフレを募集している女性もいます!
ただし、セフレは幅広い男性から人気があるため、仲良くなれる可能性は高くありません。
でも若さをアピールすれば、すぐに仲良くなれる可能性も。
ダメ元でアプローチしても損はありません。

もちろんセフレ募集をしたいけど、仕方なくママ活募集をしている女性を狙うのも忘れないこと。
特に30代の会社員女性は、欲求不満と恥ずかしさからママ活を選んでいるタイプ。
40~50代の女性も、セフレ募集をしたけど相手が見つからなかった可能性が。
美女は期待できないものの、テクニック的には満足できるセフレ候補です。

経済力がありそうな太ママタイプは、本気で援助したいだけの可能性があります。
ママ活目的なら狙うべきですが、セフレを求めているなら避けた方がムダがありません。

おすすめの出会い系サイト

ママ活にも使えて、セフレも見つけやすいおすすめの出会い系サイトは、

  • ハッピーメール
  • ワクワクメール
  • Jメール

などになります。
どれも知名度が高く、女性会員がたくさんいるのが特徴。
若い女性はもちろん、ママ活向きの40代前後の利用者も多いおすすめの出会い系サイトです。

運営実績も豊富なので、初心者でも安心してママ活やセフレ探しができます。
個人情報の取り扱いもしっかりしていて、身バレの心配もありません。
そのため、ママ活はもちろん、初めからセフレを募集している女性も多いんです!

男性の料金はポイント制なので、使わなければお金がかかりません。
ママ活やセフレ相手が見つかっても、そのままにしておけるから便利。
別の相手が欲しくなった時も、手間をかけずに募集を再開できるから効率的です。

若さと顔のアピールが重要

ママ活募集をしながらセフレを探すときは、若さと顔のアピールが重要になります。
ママ活重視なら、さらに性格や将来の夢などのアピールも大切です。
でも余計なアピールをすると、肉体関係なしのママ活になる可能性があるから注意してください。

若さと顔のアピールで仲良くなれるママ活女性であれば、内面よりも外見重視タイプ。
だからセフレになるのも簡単です。
特にセフレ相手が見つからない女性は、若い男子とセックスをしたい欲望が強まっています!
見た目が好みとマッチしていれば、簡単に会えるので安心してください。
内面アピールはほどほどにしておくことで、効率的にママ活をしながらセフレが作れます。

狙う女性は30代以上

ママ活中にセフレを作りたいなら、30代以上の女性を狙うのが成功のポイントです。
年齢が40代50代と上がっていくと、解説したように出会いが見つからなくなります。
だからセフレが欲しいだけなら、40代以上を狙うのもおすすめ。

そもそも20代女性は、経済力はないし肉体関係を恥ずかしいと思いません。
普通にセフレ募集をして相手を見つけているから、狙っても仲良くなるのは大変です。
それどころか詐欺や援デリ業者などの可能性が高いので、安全面からも避けてください。
若い女性は本物のママ活女性ですらない可能性があるので、中高年を狙うのがおすすめです。

セックスレスの人妻がおすすめ

同じ30代以上の女性の中でも、セックスレスの人妻を狙うのがおすすめです。
なぜならママ活を目的にしているようでも、実際はセフレを求めている可能性が高いから。
やはりセックスレスになっていると、欲求不満なのでセフレになりやすいんです。

しかも家庭があるため、見られる可能性が高い街中でのデートを避けたがります。
ホテルでセックスをする方が、バレる可能性が低くて喜ばれることも。
ママ活募集をしていても、簡単に肉体関係ありやセフレになれるタイプです。

何より独身女性と仲良くなった場合、年齢に関係なく親密になってくる可能性があります。
割り切った関係を望んでいるのに、恋人気分になられると面倒やトラブルの元。
セックスレスの人妻ならセフレになりやすく、関係も続けやすいからおすすめです。

嫉妬深そうな女性は避ける

ママ活中にセフレを狙うなら、嫉妬深そうな女性は避けてください。
割り切りのつもりが本気になられて、面倒な状況になる可能性があります。
会っていないときに何をしていたか聞いてくるタイプは、嫉妬深い女性の特徴です。

あくまでもママ活やセフレ関係は、恋人とは違った割り切った関係。
でも嫉妬深い女性は、あなたに必要以上に干渉してきます。
恋人ができて別れたくなっても、別れないどころかストーカー化する可能性も!
安全にママ活やセフレ関係を楽しむためにも、嫉妬深そうな女性は避けるのがおすすめです。

ホテルに行くまでは焦らず慎重に

ママ活で仲良くなった女性とは、ホテルに行くまでは焦らずに慎重に行動してください。
早くセフレになろうとすれば、それだけホテルに行きたくなりますよね。
だけどあなたの方から言い出すと、身体目的だと思われてママ活も失敗する可能性が。

いくら欲求不満でセックスを求めている女性でも、あからさまな言動は嫌われます。
女性は雰囲気なども重視するので、まずはデートを楽しんでください。
肉体関係ありでも良いと思っている女性なら、信頼できると思えば自然とホテルに誘ってくれます。

最初はママ活状態なので、あくまでも女性を満足させること。
その後、お互いに相性が良いと分かってから、セフレ関係に誘うのがおすすめです。

もし身体の相性が悪いと感じたら、セフレにならずにママ活関係を続けるのもあり。
お手当てを貰っても割に合わないと感じたら、別の女性を探してください。

ママ活とセフレのセックスをするメリット・デメリット

ママ活とセフレのセックスをするメリット・デメリット

ママ活とセフレに違いがあるなら、セックスの楽しみ方も違ってくるんですか?
管理人
ええ。それぞれメリットとデメリットがあるから、自分に向いている関係がどちらか確認してね。

ママ活とセフレが違う以上、実は同じようにセックスを楽しめる訳ではありません。
そこで、それぞれのメリットとデメリットを解説します。
しっかりと違いを確認して、納得・満足できる関係を選んでください。

ママ活でセックスをするメリット・デメリット

ママ活でセックスをするメリットは、

  • お手当てが貰える
  • ホテル代や食事代がかからない

ことで、デメリットは、

  • 全てはママ次第(会うタイミングやセックスの有無など)
  • 好きなプレイはできない(女性が喜ぶプレイになる)
  • 女性の年齢層が高め

などになります。

ママ活としてセックスをすると、相場的に1~2万円程度のお手当てが貰えるのが大きなメリットです。
しかもホテルに行く前に食事などをする場合、そのお金もママが払ってくれるのがポイント。
若い大学生などにとっては、タダでセックスができる以上に魅力があるんです!

ただし、デートのタイミングやセックスの有無は、全て女性側が決めます。
全ての都合をママに合わせる必要があるのが、ママ活でセックスをするデメリットです。
もちろんプレイ内容は女性の満足度を優先することになるので、性癖が合わないと楽しめません。

ママ活の一環として肉体関係になれば、食事デートよりも稼げるようになります。
だけどセフレと違い、あくまでもママを喜ばせる関係です。
あくまでもセックスをするのは、お金のためと割り切る必要があります。

セフレとセックスをするメリット・デメリット

セフレとしてセックスをするメリットは、

  • 好きなプレイができる
  • スケジュール管理がしやすい
  • 若い女性も多い

ことで、デメリットは、

  • お金がかかる(ホテル代などは自腹か割り勘)
  • 関係が終わりやすい
  • 相手を見つけるのが大変

などになります。

ママ活と違いセフレとは対等な関係なので、あなたの好きなプレイをできるのがメリットです。
しかもセックスが目的で会うため、必ずホテルに行けるのがポイント。
会うタイミングもお互いの都合を合わせるため、スケジュール管理もしやすくなります。
だから複数の女性と、セフレ関係を楽しむのも簡単です。

若い女性もセフレ募集をしているのはメリットですが、競争率が高くなるのがデメリット。
アプローチする男性の年齢層も幅広く、若さだけのアピールでは成功しにくいので注意してください。
特にお金に余裕が無いと、ホテル代などをケチることになりモテません。
だから大学生にとっては、ママ活からセフレになる方が簡単なんです!

セフレは身体だけの割り切った関係なので、ママ活よりも簡単に終わるのもデメリット。
でも身体の相性さえ良ければ、長続きすることも。
セックスライフを充実させたいなら、セフレを選ぶのがおすすめです。

ママ活でセフレを作るときの注意点

ママ活でセフレを作るときの注意点
ママ活をしながらセフレを作るときに、後悔しないための注意点を紹介します。
下心丸出しで油断していると、簡単にトラブルに巻き込まれる可能性が。
きちんと確認して、安全にママ活やセフレを作ってください。

美人局や援デリ業者に騙されない

ママ活をしているときは、美人局(つつもたせ)や援デリ業者に騙されることがあるので注意してください。
どちらも女性の方から、いきなりホテルに誘われることが多いのが特徴です。
あなたがセフレを求めていると、つい誘惑に負けてしまう可能性が。

しかもママ活相手は、キレイな写真を使って美女になりすまします。
でも会いに行くとブスだったりするので、後悔する可能性が高いんです!
たとえセックスができても、お金を払うことになるから油断しないように。

ママ活からセフレになりたいとしても、いきなりホテルに誘う女性は信じないでください。
いくら欲求不満の女性でも、信頼できるか分からない男性をホテルに誘うことはありません。
それこそ美人局だと、強面の男性にお金を全て脅し取られて後悔することになります。

SNSでママ活をしている女性は危険

TwitterやインスタなどのSNSでママ活をしている女性は、とても危険なので注意してください。
既にママ活からセフレを作るなら、有名な出会い系サイトが良いと解説しました。
でもポイント制とはいえ、料金が気になるからSNSを使いたくなるかも。

油断してSNSでママ活をすると、上記援デリ業者や詐欺などに騙される可能性が高まるだけ。
ステキなママを紹介しますなどと近づいてくる、手数料詐欺なども多いんです。
さらにサイバーパトロールの監視にも、引っかかりやすいので注意してください。

優良出会い系サイトと違い、SNSは詐欺業者もアカウントが作り放題です。
一般女性が知り合いにバレやすいSNSを使って、ママ活をすることはありません。
とても危険なので、絶対にSNSでママ活はしないこと。

あくまでも割り切った関係を維持する

ママ活からセフレを作った場合も、割り切った関係を維持することが大切です。
ママ活関係ならお手当てがあるため、仕事感覚でお互いに割り切るのも簡単。
だけどお金のやり取りがなくなるセフレの場合、情が出てくる可能性があるんです。

あくまでもセフレは割り切った関係なので、しっかりと距離感を維持をしないと後悔することに。
相手が既婚者の場合はもちろん、独身でも痴情のもつれに発展する可能性があります。
会う頻度を抑えるなど、必要以上に深い関係にならないように注意してください。

避妊や性病対策はしっかり行う

セックスを楽しむ以上、避妊や性病対策はしっかりと行ってください。
妊娠はもちろん、性病をうつしてもうつされてもトラブルの元。
相手が人妻なら相手が誰だとなり、慰謝料の請求などに発展する可能性があります。

独身女性が相手でも、妊娠が発覚したら責任問題に。
下手したらママ活をしている中年女性と、結婚を考えることになるかも知れませんよ。

トラブルを避ける意味でも、しっかりと避妊や性病対策は行うこと。
たとえ女性が安全な日だと言っても、責任を取らされて後悔するのはあなたです!
自分の身を守るためにも、無闇に信じないことが大切。
相手が何と言おうと、必ずコンドームなどを使ってください。

絶対に秘密はバラさない

ママ活やセフレ関係を長続きさせるためにも、絶対に秘密はバラさないことが重要です。
友達に自慢しただけでも、そこから話が広まってバレる可能性が。
相手に迷惑をかけることにもなるので、友達にも言わないように注意してください。

そもそも口の軽い男性は、女性から信頼されませんからね。
一度は仲良くなれても、すぐに関係が終わりになります。
トラブルにならなくても、ママ活やセフレ募集を何度もやり直すことに。
余計なことは話さず、秘密を守ることが大切です。

【まとめ】ママ活女性をセフレにするのは簡単だけど目的次第

ママ活女性をセフレにするのは簡単だけど目的次第
このページでは、ママ活とセフレについて解説してきました。
セフレとママ活は違うため、

  • お金目的:ママ活向き(セックスができない可能性あり)
  • セックス目的:セフレ向き(必ずセックスができる)

と、目的次第ではママ活関係を続けた方が満足できます。
セックスレスの人妻を狙えば、ママ活女性をセフレにするのは簡単です。
目的に合わせて、女性との関係は変えられるから安心してください。

今回のポイント

  • ママ活は肉体関係なしもある
  • セフレとは対等にセックスが楽しめる
  • セフレはお金がかかる(ホテル代など)
  • セフレが欲しいママ活女性も多い
  • 30代以上の女性ならママ活からセフレになれる
  • ママ活しながらセフレを作るなら出会い系サイト
  • ママ活もセフレも秘密厳守が長続きのコツ

ママ活のままだと、肉体関係なしの可能性も。
でも恥ずかしさや年齢的に、セフレ募集をせずにママ活をしている女性がたくさんいます。
だから早い段階でホテルに誘ってくるタイプなら、そのままセフレになるのも簡単です。

セフレ募集には若い女性もいるけど、競争が激しいから直接セフレを作るのは大変。
ママ活からセフレになる方が、出会いが成功しやすくなっています。

フレだと経済的な支援もないので、まずは30代以上を狙ったママ活募集がおすすめです。
出会いを見つけてから、身体の相性や報酬額などの条件を確認。
その後、セフレになるか決めると、効率的に満足できる出会いが成功できます。

inserted by FC2 system